梅雨入り2014

6月上旬としては30度超えという異例の暑さが続いていましたが、6日に梅雨入りしたとたん、気温が平年並みになりました。いきなり7度も下がると寒く感じるくらいで初秋みたいな錯覚に陥ったほどです。

ちなみに、2014年の梅雨入りは平年より8日ほど早めだったとか。

ajisai2014

植物も夏にむけて徐々に変わってきました。

雑草では、スズメノカタビラ、ツメクサに混じって、オヒシバ・メヒシバやアカザ、スベリヒユなどが芽を出し始めています。

shuu2014

秋の花、シュウカイドウは繁茂している植物のかげから、ひっそりと芽を出していました。

チューリップの葉が枯れ始めています。ジャーマンアイリスとシランは花が見頃になりました。

ワイルドフラワーは種蒔き後1週間も経たないうちに芽を出し始め、現在は5センチほどに生長。

キクは8センチくらいになりましたが、摘芯をすればよいのか迷っています。

rabenda2

一般的に、鉢植えと地植えでは、鉢植えのほうが育ちが良いと思っていたのですが、全ての植物がそうとはいえないみたいです。

昨年の春、ラベンダーを1株、鉢に植えたまま、ひと冬越したのですが、生長が実にゆっくり。

rabenda1

一方、地植えのラベンダーは冬の間、雪に埋もれていたため、春先は株全体がつぶれた状態でした。

無事に育つのか、危ぶんでいたのですが、気温が上がるにつれてグングン伸び始め、ツボミをつけ始めるところまでになりました。

同じ植物なのに、この違いはなんでだろう?と理由は分からないままですが、とりあえず鉢植えのラベンダーは庭に植え付けることにしました。

atusakura

アッツ桜も鉢植えと地植えがあります。こちらは鉢植えの方が大きく育ち、花もたくさん咲いています。

地植えの方は芽を出すのも遅くて、あまり大きくなりません。草丈は鉢植えと比べ半分ほどです。

環境によって、けっこう違いがあるものですね。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ