タンポポ(蒲公英)の綿毛だらけの庭

タンポポの花びらが、何枚あるかなんて考えたこと、ありませんでした。

子供向け新聞の記事で、タンポポの花びらについて書かれていたことが、興味深かったので忘れないように書いておきます。

花びらに見える部分のひとつひとつが花で、ひとつの花に見える部分は、たくさんの花が集まったものだとか。

細長い花を虫眼鏡で見ると、5枚の花びらがくっついているのがわかるそうです。

理科の勉強ですね。小学生くらいの子供がいたら自慢できるかもしれません。

tanpopo

春を告げてくれる黄色いタンポポの花は好きですが、花壇がタンポポだらけになるのは困りもの。

という訳で、数年前に、庭からタンポポを追放してしまいました。

なので、道ばたで花が咲いているのを見ると、なんだか新鮮な気持ちがしますね。

5月に入ってから、近所の空き地にタンポポの群生ができて、一面、黄色の花を咲かせていました。

キレイな眺めではあったんですが…。

tanpopo2

たくさんのタンポポが綿毛となって、我が家の庭に飛んでくるようになりました。

強い風が吹いた後には、団子状態となった綿毛が庭のあちこちに…。

これが、すべて芽を出したら大変なことになりそうです。草取りしているときなど、目についたら取り除いていましたが、きりがありません。

芽を出したら、その時に取ってしまえばよいか、とあまり神経質にならないことにしました。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ