簡単な多肉植物の寄せ植えの作り方

多肉植物の寄せ植え

可愛い多肉植物の寄せ植えを作ってみたいけれど、むずかしそう…と思っていませんか。

でも、ポイントさえ押さえれば意外と簡単に作れるそうですよ。

今回は多肉植物の寄せ植えの作り方と実際に作った感想を紹介します。

多肉植物の寄せ植えの作り方|必要な道具

・植え付ける鉢、器
水やりが楽なので初めての方は底に穴の開いている鉢がオススメです。
コップなど穴のない器も使えますが、水を与えた後、底に余分な水分を残さないように傾けてしっかり水を切る必要があります。

水を溜まったままにしておくと根腐れの原因になります。管理が楽なほうがよい方は穴の開いている鉢に植え付けましょう。

・鉢底ネット
・鉢底石
・市販の多肉植物用の土
・筒型スコップ
 ペットボトルを斜めにカットして作ることができます
・ピンセット
 小さな苗を植え付けるなど細かい作業の時にあると便利です
・ハサミ
・割りばしなどの棒
 土を入れる時に使います

寄せ植えに使う多肉植物を選ぶポイント

好きな品種を選んで寄せ植えしたら、ごちゃついた印象になってしまったという場合は、以下のようなことを意識してみるとよいかもしれませんね。

寄せ植えの作り方は、色か形のどちらかを統一したものや、高低差を意識した立体感のあるものなど、いろいろあります。

色は、大きく分けてグリーン、レッド、ブルー系の3種類があります。形は、広がる、はう、上に伸びるの3タイプがあります。

同じ形の多肉植物を寄せ植えするなら色の違うものを選ぶと統一感のある寄せ植えになります。

奥から手前へ、高さの違いを意識した作り方をすると立体感のある寄せ植えが出来上がります。

また、多肉植物は、春秋型、夏型、冬型といった生育タイプがあり、それぞれの品種で管理のポイントが違ってきます。

ひとつの寄せ植えの中には、同じ生育タイプの品種を植え付けると管理が楽で育てやすくなります。

植え付け前の準備
・寄せ植え前は水やりを控えて乾燥気味にする
・植え付ける前に苗を仮置きして配置を決めておく

作り方のポイント!植え付けは大きい株から
・鉢に鉢底ネットを置き、その上に軽石を入れる
・鉢の1/3くらいまで土を入れる
・メインとなる大きな苗を置き、土を入れる
・割りばしなどで隙間を埋めて土をなじませる
・小さい苗を植える(ピンセットを使うと作業しやすい)

水やりは、1週間後くらいにたっぷりと与えます。

多肉植物の寄せ植え後の管理

屋外の日当りと風通しのよい場所で管理しましょう。ただし、真夏の直射日光は避けます。

部屋で楽しみたい場合は数時間でもいいので日に当てたほうがよいです。

日に当てる時間が少なすぎると、ヒョロヒョロと間延びして形がくずれる原因となります。

水やりは土が乾いたらたっぷりと与えます。

初めて多肉植物の寄せ植えを作ってみました

taniku20140514a

2013年秋に買った多肉植物を寄せ植えにしてみました。

◆この記事の続きです ⇒ 多肉植物の植え替え方法!失敗しないためのポイントは?

まず、鉢から出して3日ほど乾かします。多肉植物を植え付けるときの水やりは、普通の草花とは少し違うところがあるので気をつけないといけませんね。

その後、100円ショップで買った鉢に植え付け。

多肉植物&サボテン用の土は、排水性の高い石っぽいものと普通の土タイプがありますが、今回は石っぽい方を使いました。

taniku20140514b

最初に大きめの多肉を植えて、周りに小さな多肉を植えました。

びっしり隙間なく植えると窮屈そうなので、わざと隙間をあけています。

実は、単にひとつの鉢で管理したいというのが今回の寄せ植えの目的なので、結果的にはバランスのよい配置など見栄えは無視した出来上がりとなってしまいました。

次回は、可愛い寄せ植えも作ってみたいですね。

⇒ サボテン・多肉植物に関する記事一覧