ブルー系・黄色系・斑入りギボウシの生育状況(2014年5月)

ギボウシの成長速度は、日向と日陰といった植えている場所で違うだけでなく、品種によっても結構違いがあるものですね。

2014年5月上旬のギボウシの生育状況を書いておきます。

gibosi0506
我が家で一番古くからあるギボウシ。品種は不明です(5月6日撮影)

ギボウシの芽吹き時期

昨年、3種類を1株ずつ鉢植えにして育ててみました。

ハルシオンとサンパワーは、昨年6月に苗を購入して、そのまま鉢植えに。

斑入りの品種は、数年前に購入して庭植えにしていたのを掘り上げて鉢植えに。

冬越しは屋外でもできるのですが、今回は、室内に取り込んでみました。

ハルシオンとサンパワーは、ほぼ同時期に芽吹き、順調に育っています。一方、斑入りはなかなか芽が出ず、枯れてしまったのか?と思っていたところ1週間ほど前にやっと芽が出始めました。

gibosi0508
※斑入り品種。5月8日撮影

でも、生長はゆっくりです。

鉢植えで同じ環境で育てているのに、生長するスピードにこんなに差が出るとは思いませんでした。品種の違いなんでしょうか?

考えてみれば、キクでもバラでも多くの植物は品種によって開花時期が違うのは当たり前。ギボウシだって品種によって生長速度が違うのは当然のことかもしれませんね。

たくさんの品種のギボウシを育てた経験がなかったので、こういう違い、今まで気がつきませんでした。

ギボウシの生長スピード

違いといえば、ハルシオンとサンパワー。ブルー系と黄色系という葉色の違いはもちろんですが、結構違うなぁと感じます。

harusion0415
※ハルシオン。4月15日撮影

harusion0508
※ハルシオン。5月8日撮影

ハルシオンは植え付けして1年目にしてすでに株が混みあっています。株分けして植え替えたほうがよいかもしれません。現時点では、とても丈夫で増えやすいタイプというイメージです。

sanpower0415
※サンパワー。4月15日撮影

sanpower0508
※サンパワー。5月8日撮影

サンパワーは、株の間に、まだ余裕があります。今年はこのまま植え替えしなくても大丈夫でしょう。

名前から夏の暑さにも負けない丈夫なタイプというイメージがあったのですが、草姿もヒョロヒョロして意外と繊細なのかも。

今まで、一番のお気に入りは斑入りの品種でした。でも、ブルー系と黄色系を育て見ると、それぞれ違った魅力があって甲乙つけがたくなってしまいますね。

⇒ ギボウシに関する記事一覧