キクザキイチゲ開花(2014年)

キクザキイチゲの花を見ると春がやってきたなぁと思います。

kikuzaki04

混みあってきたので、昨年の秋、別の場所に植え替えました。

全て移動させたつもりでしたが、結構、元の場所に残っていたようです。

秋は根だけの状態なので見逃してしまったのでしょうね。今日、残っていたのを掘り起こして移動させました。

kikuzaki01

kikuzaki02

kikuzaki03

根は、気を付けないとポッキリ折れてしまうので気を付ける必要がありますが、植え付け後は放置状態で問題ありません。

春になるとちゃんと花を咲かせてくれるので手間いらずのありがたい植物です。

昨日は20度超えと5月下旬並みの気温でしたが、今日も同じくらいの気温となりました。

雪の重みで硬くなった花壇の土の中から、サクラソウやシランなどの芽がボチボチ出始めています。

秋に移動させた植物は、春に芽を出したときには何の植物だったか忘れている、もしくは植えたこと自体忘れているということが過去に多々あったのでネームプレートを刺すようにしています。

中には刺すのを忘れたのもあったようで、今、芽が出ている植物が何なのか分からないというのが一つあります。

名前が判明するのは、生長してからのお楽しみということで。

好天気のおかげで桜の花も一気に咲き始め、西堀も開花したとか。

天気予報によると、あと数日はこのまま晴れて気温が高い状態が続くそうです。

桜は日曜日あたり満開かもしれませんね。(2014/4/25)

【2014/5/18追記】
kikuzaki20140518a

5月中旬、花も咲き終わって枯れ始めましたが、最高気温が23度と初夏のような暑さが2日続いたら一気に枯れる速度が速まりました。

kikuzaki20140518b

月末には地上部はなくなってしまうでしょう。芽が出てから枯れるまでの期間は、2ヶ月弱といったところでしょうか。

関連記事
北国のスプリングエフェメラル
キクザキイチゲ、咲く

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ