珍しいサンセベリアの開花

サンセベリアの花が咲くのは、比較的珍しいことだそうですね。

sansev

私は、新聞で開花の記事を読んで、初めてサンセベリアにも花が咲くことを知りました。

サンセベリアの花は、夜に花が開いて朝にはしぼんでいるそうです。

花はすぐにしおれてしまいますが、ツボミはたくさんつくので数日間は楽しめるとか。

とても良い香りがするそうで、例えるならヒヤシンスを優しくしたような感じらしいです。

花について調べてみると、サンセベリアは、あまり花を付ける植物ではないらしいです。

日比谷花壇の関連サイト「みどりの広場」では

『花を付ける条件は、株が十分育って生殖生長の段階に入ったときが健全な姿なのですが、株が貧弱になって自分の生命が危ういときにも花を付ける種の保存の本能もあります』

と書かれていました。

ちなみに、花が咲き終わったら、花茎の元で切り取るとよいそうです。


サンセベリアなど/2011年秋 神代植物公園 / salchu

サンセベリアの原産地は、熱帯アフリカや南アフリカ、マダガスカル、南アジア、アラビアの乾燥地で、61種が自生しています。

日本では想像がつきませんが、常夏のタイでは、サンセベリアが1年を通して到る所で目にする事ができるのだそうです。

タイで自生するサンセベリアが紹介されていたサイトでも、サンセベリアの花はなかなかお目にかかれないと書かれていたので、開花が珍しいのは日本だけのことではなさそうです。サンセベリアの橙色の丸い実の写真も載っていましたが、実がついているのもかなり珍しいようです。

関連記事
観葉植物サンセベリアの育て方

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村