鉢植えマンリョウの実が落ちる原因(2013年)

manryou20131210

晩秋に室内に取り込んだマンリョウ。先日、暖かい日中を選んで久しぶりに水やりをしたときのことです。

枝に手がぶつかった拍子に赤く色づいてきた実がパラパラと落ちてしまいました。

実はしなびている訳でもなく、変わったところは見られません。それだけに信じられないものを見たようで、しばし絶句…。

幸い、落ちたのは下の方についている実で、上の方についている実は無事。お正月には赤い実がついたマンリョウを楽しめそうなので、まずは一安心です。

考えられる原因と対処法について書いておきます。

マンリョウの実が突然落ちてしまった

最近、何かあっただろうかと思い出してみました。秋以降、様子がおかしいな?と思ったことは次の2つ。

●葉が黒くなっている
●根に近い茎に白い粉のようなものがついている

その時は、病気かな?と思い、黒くなった葉を取って、白い粉をこすり取り、薬剤をスプレーしておきました。

改めて調べてみると、寒さで葉が黒くなることがあるそうです。また、水のやりすぎで根が傷んでいる場合も葉が黒くなることがあるとか。

ここ数年、同じ環境で育てていて葉が黒くなったことは初めてだったので寒さが原因とは考えられません。ということは、根が傷んでいるということでしょうか。

いずれにしても、黒くなった葉は切り取って、明るい暖かい環境に移して様子をみるとよいそうです。

マンリョウの病気と害虫

manryou-mi2013
マンリョウは病害虫はほとんどありません。ただ、風通しの悪い場所でカイガラムシが発生する場合があるそうです。

「白い粉のようなもの」の正体はカイガラムシの可能性がでてきました。

とはいえ、カイガラムシが、どんな姿をしているのか分からないのでは話になりません。

調べてみたところ、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(http://www.jataff.jp/)のサイトにカイガラムシの写真付きの詳細が載っているのをみつけました。

カイガラムシといっても種類によって色々な姿をしているものですね。駆除するには、見つけ次第ブラシなどでこすり落とすか、薬剤を散布するのがよいそうです。

木が疲れていることが原因!?

以前、マンリョウを種から育てる方法について調べているときに「いつまでもずっと実を付けておくと木が疲れる」という情報を見つけました。

今年、実を取らなければ何時までついているのか試してみたくて、昨年の実を長い間ずっとつけたままにしていたのです。

もしかしたら、実が落ちてしまったのは「木が疲れている」ことも原因のひとつだったのかもしれません。

マンリョウ関連記事(日付の古い順)
マンリョウ(万両)の育て方
縁起の良い植物、マンリョウの花言葉の意味・由来
2008年ガーデニング作業の成果(シャコバサボテン・マンリョウ・シクラメン)
マンリョウをタネまきで増やす方法
鉢植えマンリョウの実が落ちる原因(2013年) ⇒ いま見ている記事
実生マンリョウの生育順調!2回目の植え替え
マンリョウの実が落ちた理由2015
マンリョウの鉢植えにキノコが生えてきた!