インテリアとしての植物。通販ショップでおしゃれな鉢カバーを見つける

20131206
雪国では、冬のガーデニングは室内で鉢植え植物を楽しむしかありません。

鉢カバーの素材は、籐や竹、木製などの自然素材、陶製、ブリキなど様々です。同じ植物でも、鉢カバーしだいで随分とイメージは変わるものですね。

ネット通販でおしゃれな鉢カバーをみつけました。

鉢カバーの選び方。オススメの色は?

特に、インテリアとして観葉植物を部屋に置く場合、鉢や鉢カバーの選び方は大きなポイントになります。

ちなみに、鉢カバーを選ぶとき、何色にすればよいか迷う事はありませんか?

植物と合わせやすいという点からみると、白やベージュ、茶色系は植物との相性がよく合わせやすいそうです。葉っぱの緑色をひきたてる黒もオススメ。

グレー、黄色、赤、青は、植物の相性というよりインテリアの組み合わせで決まることが多い、少し上級者向けの色だそうです。


今日の猫鉢植え。 / nteee

鉢カバーは、インテリアショップやガーデンセンターなどで販売されています。でも、おしゃれな鉢カバーを探すなら、種類が豊富な鉢カバー専門店を利用したほうが見つかりやすいかもしれません。

近くに専門店がなくても、今はネット通販をしているお店が増えているので便利ですね。

鉢カバーは、布を巻いたり、花のラッピングに使用するカラー不織布を使ったりなど手作りすることもできます。

桶など鉢カバー以外の目的で売られているものを利用する方法もあります。

ただ、私の場合は、不器用なのでイメージしたとおり上手くできずにガッカリという経験が…。

鉢カバーの専門店で、おしゃれな鉢カバーを探してみようと思います。

☆ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村