庭木の雪囲い作業前に雪が積もる(2013年11月中旬)

2013年の初雪は11月11日。青森の初雪は平年と比べて5日遅く、去年と比べて7日早いそうです。

雪は夜もずっと降り続き、12日朝の積雪量は10センチ近くにもなりました。

その後も雪は降り続き、13日朝には20センチくらい積もったでしょうか。

気温も低く12月上旬並みの寒さでした。

たいてい、初雪は降っても、すぐに消えるものなのですけれど…。

この寒さ、全国的なものらしく、東京では冬の訪れを告げる木枯らし1号が吹いたそうです。

テレビを見ていたら、今年の東京は秋らしい天気は1ヶ月位しかなく、そのうち半分は台風に見舞われていたとか。

雪囲い前の雪で埋もれる庭

niwaki20131112

まだ、ドウダンツツジの雪囲いをしていません。

11月下旬か12月に入ってからでも大丈夫かなとノンビリしていたら、こんな状態に。

kiku20131112

庭で頑張って咲いているキクの花も雪に埋もれていました。

ところで、昨年の今頃の天気はどうだったのだろうと、昔の記事を探してみました。

2012年の初雪は11月18日ですが、この時は積もらなかったみたいです。

雪囲いをしたのは11月下旬。

12月7日に発達した低気圧の影響で雪が降り続き一晩で28cmの積雪。そのまま根雪になりました。

さて、今年の冬はどうなるのでしょうね。豪雪の予報も出ているみたいですが…。

とりあえず、明日からは平年並みの気温に戻るということでホッとしています。

雪も融けてしまうでしょう。

関連記事
庭木の雪囲いのやり方
ドウダンツツジの雪囲い終了
庭木の雪囲いと縄の結び方(2013年)