スイートアリッサムの育て方

スイートアリッサムは、アブラナ科の一年草で地中海沿岸部が原産地です。別名、ニワナズナとも呼ばれます。

小さな花を密に咲かせ、上には伸びず横に這うように広がっていきます。冬から春にかけての寄せ植えや花壇の縁取りには欠かせない植物です。

草丈は10~15cm。開花期は、11~6月。花色は、赤、白、オレンジ、紫があります。

長い間花を咲かせる育てやすい花なので初心者にも向いていると思います。

sweetalyssum

スイートアリッサムの育て方

日当たりと水はけのよい場所で育てましょう。

耐寒性は比較的強いですが、霜の降りない場所が適しています。

強い霜にあたると花が咲かなかったり、表面が茶色く枯れてしまったりすることがあります。

移植が嫌いな植物なので、ポットから苗を取り出したら、根鉢を崩さないように、そのまま植え付けましょう。

植え付ける時に元肥として緩効性化成肥料を、開花中は薄めの液体肥料を2週間に1回程度与えます。

水やりは、表土が乾いてから与えます。蒸れに弱いので風通しをよくし、水のやりすぎに注意します。

咲き終わった花は、花茎のつけ根から切り取りましょう。

春先にアブラムシが発生することがあるので、見つけしだい駆除します。

初夏になると開花が終わるので、草丈の1/3程度に切り戻すと、秋にもう一度開花します。

*****

ちなみに、スイートアリッサムの耐寒の限度は0℃前後なのだとか。雪に埋もれてしまったり霜にやられるなど、寒冷地での越冬は不可能のようです。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村