カルーナの育て方

カルーナは、ツツジ科の常緑低木。ヨーロッパ、北アフリカ、シベリアが原産地です。

草丈は10~60センチ。開花期は8~11月で、ピンク・紫・白の花色があります。

エリカの仲間で、秋から冬にかけてかわいい花を咲かせます。花は終わると少し茶色っぽくなりますが、そのままで持ち、長い期間楽しめます。

寒さに強く冬も外で大丈夫です。雪の下でも元気で、寒冷地ではグラウンドカバーとしても利用できます。

秋から冬に花が咲くことや紅葉が美しいことから、秋冬のガーデニングや寄せ植えに適した植物です。

別名、ギョリュウモドキ、ヘザーとも呼ばれます。

たくさんの園芸品種がありますが、園芸店やホームセンターでよく見かけるのは「カルーナ ブルガリス」「カルーナ ガーデンガールズ」の2つのようです。

カルーナの育て方

日当たりと風通しの良いところで育てます。

寒さには強いですが、夏の暑さには弱い植物です。寒冷地以外では地植えにしないで鉢植えで管理します。

真夏は雨や西日を避け、半日陰の軒下など風通しの良い場所に移動させましょう。

水やりは土が乾いたらたっぷりと与えます。多湿に弱いので、水のやりすぎ、梅雨時の過湿には注意が必要です。

しっかりと陽に当てると、きれいに紅葉します。

もともと荒地に育っている植物なので、肥料はあまり必要ありません。春と秋に緩効性肥料を与えます。

calluna

先日、チラシでカルーナという聞いたことのない植物を見つけ、今日はスーパーの園芸コーナーで同じカルーナのポット苗が売られているのを見ました。

どんな植物か分からないので調べてみると、

・寒さに強く、丈夫で育てやすい
・葉色が豊富で、特に冬は赤や黄色に美しく色づく

ということ。

冬でもカラーリーフが楽しめるのがいいですね。寒冷地ではグランドカバーにもなるそうですが、雪が積もったら葉色が見られないので、鉢植えにするのがよさそう…。

今年の冬用の鉢植え植物は買ってしまったのですが、欲しくなってしまいます。

今度、売り場をのぞいたら買ってしまうかもしれません。

関連記事
エリカの育て方

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ