庭の様子(2013年10月中旬)

10年に1回といわれる大型台風26号。私が住んでいる地域では幸い大きな被害はなかったものの、昨日は一日中雨。

今日になってようやく青空がのぞき始めました。それにしても、今回の台風は寒気を運んできたそうで、一気に10度も気温が下がったのには参りました。

県内では初雪が降ったところもあるとか。岩木山も山頂が白くなっていました。

10月中旬、雨上がりの庭のようすです。

hime-tane

ヒメヒオウギスイセンの実?は緑色から黄色に。茶色に枯れてきたものも目立ちます。

hototogisu20131017

ホトトギス。強い雨に当たっても倒れずに咲いている根性に感服。フィギュアスケートの技のひとつ、イナバウアーを連想させるポーズです。

nitiniti-saya01

鉢植えのニチニチソウの葉は緑から黄色に変わりつつあります。霜が降りたら枯れるかも?花はそろそろお終いかと放っておいたのですが、久しぶりに見たら種ができていました。

nitiniti-saya02

白い花のサヤは緑色ですが、紫色の花のサヤは色が黒っぽいです。

kumo2013

ツバキの木とギボウシの間に、芸術作品といえるキレイな巣を張るクモです。

ほとんどの種類のクモの寿命は1年から3年程度だそうですが、このクモはいつまで生きているのでしょうね。たいてい、雪が降るころには、姿が見えなくなります。

関連記事
庭の様子(2013年10月上旬)

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ