庭の様子(2013年10月上旬)

10月にしておきたい庭仕事といえば、球根の植え付けや宿根草の株分けなどですね。

秋から冬に咲く花で、ガーデニング初心者でも育てやすい植物には、パンジー・ビオラ、アリサッム、ウインターコスモス、ガーデンシクラメン、キンギョソウなどがあります。

スーパーの中にある花屋さんでガーデンシクラメンが販売されているのを見かけました。今年は購入してみようかと思っています。

10月上旬、庭で咲いている植物です。

kiku201310
夏咲きのスプレー菊。今年は、秋彼岸を過ぎてからの遅い開花となりました。

shuu201310
シュウカイドウは、晩秋まで咲いてくれます。

ホトトギスは、アメリカシロヒトリに葉を食べられてしまいましたが、枯れることもなく開花。アルストロメリアは、そろそろ花はお終いの時期ですがツボミをつけているものもあります。マリーゴールドとニチニチソウは、花数は少なくなりましたが、まだまだ元気。

*****

2013年の9月下旬から10月にかけて、暖かい日もありますが、朝晩はめっきり涼しくなってきました。ここ数日は最高気温22度前後、最低気温は13度前後といったところですが、晴れた夜は最低気温が10度以下という日も。

下旬にもなれば、冬を感じさせるような寒さに見舞われることもあります。天気の週間予報をチェックして晴れて暖かい日に集中して一気に庭仕事を片付けられたらと思っています。

10月になると庭に日が当たる時間は午前中2時間程度です。鉢植えは日当たりの良い場所に移動させました。

鉢植えの植物はほとんどが耐寒性があり屋外で冬越しOKなのですが、昨冬は豪雪で枝折れしたものもありました。今年は11月の霜が降りる時期を見計らって全て室内に取り込む予定です。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ