エキナセアの育て方

エキナセアは、北アメリカ原産のキク科多年草です。和名をムラサキバレンギク(紫馬簾菊)、別名をパープルコーンフラワーといいます。

ekinasea2014
※エキナセア ルビンスタイン(エキナセア ルビンステイン)

草丈は30~100cm。開花時期は6月中旬~9月下旬。花色は、赤・ピンク・オレンジ・黄・白などがあります。

エキナセアは、花の中心がクリのイガのように面白い形をしているのが特徴的。開花期が長いので一株あると夏の花壇がにぎやかになり重宝します。

花壇や鉢植え、切り花に利用され、花後はドライフラワーにもなります。

また、エキナセアは薬用ハーブの代表選手と呼ばれるほど薬効がある植物で、根や地上部の葉茎などはハーブティーとして利用できます。

エキナセアの育て方

丈夫で、あまり手をかけなくても育つのでガーデニング初心者にも向いていると思います。
暑さにも寒さにも強く、寒冷地では植えっぱなしでも大丈夫です。

日当たりと水はけのよいところで育てましょう。水はけが悪いと梅雨期に根腐れしやすくなります。

植え付けの適期は4~5月と10月ごろです。地植えの場合は、腐葉土や石灰を混ぜて植えつけます。鉢植えの場合は毎年根をほぐして古い土を落とし、新しい用土で植え直します。

水やりは、地植えでは、ほとんど必要ありません。鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷり与えます。

肥料は、5~6月と10月ごろに月1~2回、化成肥料の置き肥を行うか、または月4~5回、液体肥料を与えます。

特に病害虫はみられません。

種蒔きと株分けで増やすことができます。適期は春と秋です。

冬になって枯れた地上部は刈り取っておきます。

ekinasea01

秋は株分け、植え替えのシーズンですが、増えすぎて植える場所がないからということで実家からエキナセアの苗をもらいました。寒さに強く、肥料なしでも、よく育つとのこと。

早速、庭の空いている場所を探し出して植え付けました。来年、どんな花を咲かせてくれるか楽しみです。

ちなみに、エキナセアってどんな植物?と思って調べたら、健康サプリメントやハーブティーなどがヒットしたのでビックリ。体の免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する効能が期待できるらしいです。

☆ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村