紅葉する多肉植物はどの種類?きれいに紅葉させるポイント

taniku-kouyou01

多肉植物の中には、モミジのように紅葉する種類があるそうです。

夏までは緑色の多肉植物も、秋になって気温が下がってくると、他の植物と同じように寒暖の差により葉の色を変えるのだとか。

ただ、モミジなどと違って多肉植物は紅葉が終わっても葉が落ちることはなく、冬を過ぎると、また元の色に戻っていくそうですよ。

今回は、多肉植物をきれいに紅葉させるコツについて紹介します。

多肉植物を紅葉させるには

taniku-kouyou02

きれいに紅葉させるポイントは、日光にたっぷり当てることです。

基本的には、水と肥料分を少なく、日光に当たる時間を長くすると紅葉しやすいです。

水と肥料が多いと秋になっても葉色は緑のまま。日光が当たらない室内に置いておくと、緑色に近い色に変わってきてしまいます。

紅葉を楽しむためには、雨や霜除けになる屋根のある戸外で育てると良いでしょう。

外で育てることができない場合は、水やりを出来るだけ少なくして、窓辺で日光をたっぷり当てれば、紅葉させることが出来ます。

ただし、暖かい部屋だと夏からの温度差が少ないため、紅葉しにくいといわれています。できるだけ暖房器具のない部屋に置きましょう。

多肉植物で紅葉する種類とは

多肉植物の中の主にベンケイソウ科の仲間は、赤・ピンク・オレンジ・黄などに紅葉するそうです。

セダム 虹の玉、リトルジム
クラッスラ 火祭り
エケベリア 女雛、白牡丹、大和美尼
センペルビブム 紅牡丹
ブロンズ姫

紅葉する多肉植物はたくさんあるらしいですが、ざっと調べただけでも、これだけ見つかりました。

紅葉する多肉植物は100均にある?

多肉植物は、100円ショップでも販売されていますが、紅葉する品種があるかどうかはお店によって違うのでしょうね。

販売しているのを見つけたらラッキーなのかもしれません。

見つからなかったら、楽天市場でまとめ買いすることになりそうです。

関連記事
ミセバヤの育て方
多肉植物 セダムの育て方
多肉植物センペルビウムの育て方
多肉植物 エケベリアの育て方
多肉植物の育て方