「ターシャ テューダーの言葉」にみるブレない生き方

ターシャ テューダーという女性のことは、NHKのテレビではじめて知りました。興味があったので著作を読んでみようとしたのですが写真集は高価。図書館で借りようと思っているうちに行きそびれてしまい、数年が経ちました。

先日、偶然にも再放送(再々放送?)を見て、読みたい気持ちが再燃。自分はターシャさんの何に惹かれているのだろうと考えた結果、次の2冊をアマゾンで購入しました。発売から10年近く経っていることもあり古本だと手頃な値段で買うことができるのが嬉しい。

tashakotoba

「思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉) 」(2002年)
「今がいちばんいい時よ (ターシャ・テューダーの言葉 (3))」(2004年)

写真が多く、文章量は少ないので、あっという間に読んでしまいました。

正直言って、一読したときは、それほど感動したとか、心を動かされたという事はなかったです。

ところが、ちょっとした隙間時間に手に取って読み直しているうちに、ターシャさんの言葉が、じわじわとボディブローのように効いてきました。

ターシャさんの生き方に「ブレがない」ところに魅力を感じます。89歳になっても「今がいちばんいい時よ」といえるところ、89歳になっても、いくつも計画があるといえるところ、新しいことに挑戦する気概が素晴らしいです。

「思うとおりに歩めばいいのよ 」の最初の部分に、

-わたしは、ほかの方に「どう生きなさい」と、アドバイスすることはできませんが、自分がどう生きてきたか、どう生きたいと思っているかという哲学はもっています。-

と書かれているのですが、この哲学こそが「ブレがない」と感じた理由なのかもしれません。迷いの多い生き方をしている自分としては、見習いたいところです。

ご存知の方も多いでしょうが、ターシャ テューダーについて、ウィキペディアより引用します。
————————-
ターシャ・テューダー(Tasha Tudor、1915年8月28日 – 2008年6月18日)はアメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家(ガーデナー)・人形作家である。

彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターによく使われている。50歳代半ばよりバーモント州の小さな町のはずれで自給自足の一人暮らしを始め1800年代の農村の生活に学び、彼女の住む広大な庭で季節の花々を育て続けるライフ・スタイルは、日本でも注目を集めた。
————————-

同じくウィキペディアによると、ターシャさんは、思想家ヘンリー・デイヴィッド・ソローがマサチューセッツ州コンコード郊外のウォールデン湖のほとりで自給自足の暮らしを実践した著書『ウォールデン-森の生活』から、ソローの思想に大きく影響を受けたそうです。

20代に読んだ「ウォールデン-森の生活」は、今でも記憶に残る一冊ですが、影響を受けて自給自足の暮らしを実践してしまうターシャさんに尊敬の念を覚えずにはいられません。他の著作も読みたくなりました。

生きていることを楽しんで (ターシャ・テューダーの言葉 (特別編))

関連記事
ターシャのガーデニング

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村