ガーデニング初心者でも育てやすい夏から秋に咲く花

夏は、植物の手入れは朝晩の涼しい時間帯にすませるようにしていますが、それでも、やっぱり8月は暑い。夏は手間がかからない花が一番と思ってしまいます。

夏から秋に咲く花で、丈夫で育てやすく手間が掛からない植物には、インパチエンス・ガザニア・サルビア・ジニア(百日草)・ニチニチソウなどがあります。

これらはホームセンターや園芸店でよく見かける花苗ばかりですが、丈夫で育てやすく値段も手頃なのが嬉しいですね。

良く見かける花でも植え方や組み合わせを変えれば、素敵な庭になるはず。ガーデニング初心者でも手入れが簡単な夏に咲く育てやすい夏の花を楽しみたいものです。

初夏~初秋にかけて栽培できる花はたくさんありますが、8月の我が家で元気に咲いているのは、この5つ。

hime20130730
オレンジ色の花が咲くヒメヒオウギスイセン

rudo20130730
黄色の花が咲くルドベキア タカオ

mari2013
黄色の花が咲くマリーゴールド

oniyuri2012
オレンジ色の花が咲くオニユリ

aru201307
ピンクの花が咲くアルストロメリア

以前は、夏は涼しげなブルー系の花を選んで植えていましたが、最近はオレンジや黄色の花が多くなりました。

夏の強い日差しにも負けず咲いているオレンジや黄色の花をみると元気がでます。どれも暑さに強いものばかりです。

ところで、庭に花壇を作るのが初めての場合、どこから手を付けたらよいか迷ってしまうのではないでしょうか?

いきなり庭に大きな花壇を作って花を植えようとすると、費用がかかるし管理するのも大変です。せっかくの庭も放置状態で雑草だらけ…ということにもなりかねません。

そんな時は、まず、コンテナから始めるとよいという話をききました。

好きな花を大き目のコンテナに寄せ植えして庭の所々に置いてみる、気に入らなければ植えかえして配置を変えて…と、気軽に試してみることができます。

私も、庭の何処にどんな植物を植えるか迷うことが多いので、寄せ植えしたコンテナを配置するのを試してみようかと思っています。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ