夏菊が大きく育たない理由

kiku201308
8月咲スプレー菊が、なかなか大きく育ちません。菊が大きく育たない理由について調べたことを備忘録として書いておきます。

夏菊が大きく育たない理由は連作障害?

関連がありそうなQ&Aとしては、

「小菊を毎年同じ所に植えつけても大丈夫ですか?」という質問に対して、

菊は植えっぱなしにして、毎年同じ所で育てると、連作障害といって生育が悪くなる状態になってしまうことがあります。育てる場所を毎年変えて行うことが理想的です。それが難しい場合は、土の入れ替えと消毒を行ってあげてください。

という回答をみつけました。

kiku201210
※昨年(2012年)の様子

スプレー菊の生育記録を見直すが原因不明

過去に書いた記事から原因が分からないか読み直してみました。

2011年5月にポット苗を購入。鉢に植え付ける。7月末にはツボミがつき、8月中旬には開花。摘心を忘れたため草丈が大きくなってしまう(1メートル以上)。

2012年春は、鉢から出して地植えにする。8月2日は小さいながらもツボミを確認。9月中旬には開花。摘心をするのを再び忘れてしまったので、前年と同じように草丈は1メートル以上になる。

そして、今年、2013年。

大きくなりません。8月1日時点で草丈は20センチ程度。今年こそは摘心をして草丈を抑えるつもりでいましたが、空振りに終わりました。もちろん、ツボミは見当たりません。

今の場所で育てるのは2年目なので、連作障害といえるほど続けているわけではないと思うのですが…。

ちなみに、昔から育てている小菊は、長年同じ場所でも問題なく咲いています。すべての菊に連作障害があるというわけではないのでしょうか?

秋までかかって、もっと大きく育ってくれることを祈るしかないというのも、なんだか情けない話ですね。

毎年、植える場所を変えるのは面倒です。

来年は、苗の半分を腐葉土や堆肥などをすきこんでから同じ場所に植え付け、もう半分は鉢植えにして、生育の違いを比較してみるつもりです。

⇒ キクに関する記事一覧