11月の庭(2012年)

11月の庭の様子です。

11月上旬は平年並みか高めの気温だったような気がします。シランとギボウシの葉が、きれいな黄色に。

gibousi11gatu

枯れてきたときに、刈り取っていたらナメクジが何匹もいて驚きました。今年は、ずっとナメクジを見かけなかったのに、何で寒くなってきた今頃出てくるんでしょうね…。

kiku11gatu

中旬になってキクの花が見ごろになりました。このキクは毎年、初雪のころに咲くので、年によっては花に雪が積もってしまうことも。

我が家の庭で一番最後に咲く花ですが、今年はアロストロメリアも元気です。

arosutoromeria

このアルストロメリアは四季咲きの品種らしく、晩秋になっても葉が枯れる様子もなく緑色で生き生きとしています。暖かい地域なら、まだまだ花が咲くのかもしれません。

ここ数日、冷え込みが激しくなったせいかドウダンツツジも紅葉し始めました。

doudantutuji11gatu

マンリョウの実もつややかな赤い色に。

manryou11gatu

屋外のガーデニングが終了してさびしいので室内に飾る鉢植えの購入を検討中。

問題は飼い猫と共存できる植物でないとダメだということ。

1ヶ月前にケイトウとハロウィントウガラシの苗を購入したときは思いっきり葉をかじられ散々でした。

シクラメンが欲しいところですが、果たして無関心でいてくれるかどうか不安があります。

仏壇に飾っているキクには手を出さないので、キク科の植物なら大丈夫そう。

冬の鉢花として人気のシネラリア(サイネリア)がいいかもしれません。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ