ジャーマンアイリスを株分けして植え替える

ジャーマンアイリスは、植え付け後、数年たって株が混みあってきたら株分けをします。

germaniris01

株分けの適期は、梅雨が明けたあとの8~9月です。

暖かい地域では10月でもよいのですが、寒冷地では冬までにしっかり根付くように早目に行います。

・スコップで根を切らさないように掘り起こし、土を払い落とす
・子株を親株と接合した細い部分で折って分割する
・親株は処分する
・子株の葉を15~20cm位に切り詰める
・子株の切り口がしっかり乾燥するように日陰干しする
(切り口からバイキンが入って病気が発生するのを防ぐため。直射日光に数時間当ててもよい)

germaniris02

ジャーマンアイリスの株分けと植え付けをしました。多分、2年ぶり。

germaniris03

今まで毎年咲いていたのに、昨年はひとつも開花しなかったので、もう咲かないのかな?と思って放置していたのですが。

今年は、無事、開花。株が混み合ってきたので、花が咲き終わったら株分けをするつもりでした。

ところが、真夏日・猛暑日が続いたため時期を逃し、9月になってからも気温が高めの日が多かったため、10月になってからの株分け・植え付けとなりました。

前回は、株を折って分けても大丈夫か不安で、親株と子株がくっついたまま植え替えしたような気がします。

今回は、親株と子株がくっついている細い部分から、迷うことなくポキポキと折って分けることができました。少し慣れてきたようで、なんだか嬉しかったです。

経験を積むってこういうことなんでしょうね。

ところで、しっかり根付かないうちに冬を迎えてしまうと、翌年の春は開花しないことがあるそうです。

今年の株分けは遅くなってしまったので、来年の開花は期待できないかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしていただけたら嬉しいです。^^

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事
ジャーマンアイリスの育て方と植え替え
ジャーマンアイリスの株分け

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ