一年草と多年草の特徴を生かした庭づくり

春ともなれば、植え付け、植え替え、花がら摘み…など、やるべき作業はたくさんあります。

一年草多年草の特徴を生かした庭づくりで、作業を軽減させることができたらよいですね。

植物は一年草と多年草という分け方をすることができます。

一年草とは、タネをまいてから生長して花が咲き、枯れるまでの期間が1年以内の植物のことをいいます。

パンジー、ビオラ、マリーゴールド、アサガオ、キンセンカなど、園芸店やホームセンターでたくさん販売されているので目にする機会も多い身近な植物です。

一方、多年草とは一年草に対して使われる言葉で、数年間生き続ける植物のことをいいます。

スズラン、ギボウシ、オダマキ、キキョウ、ミヤコワスレなどがあります。

多年草の中でも冬になると地上部が枯れてしまう植物は宿根草と呼びますが、多年草と宿根草は、ほとんど同じ意味で使われることが多いようです。

一年草と多年草、それぞれメリット、デメリットがあります。

●一年草のメリット
 価格の安いものが多く気軽に購入することができる
 それぞれの季節の花を楽しめる
 多くの花を咲かせるものが多い
 花期が長い
 苗から簡単に育てることができる

●一年草のデメリット
 季節に応じて植え替えが必要
 花がら摘みに手間がかかる

◆多年草のメリット
 季節ごとや毎年の植え替え作業の必要がない
 毎年楽しむことができるので長期的にみれば価格は安い

◆多年草のデメリット
 数年に1回は株分け・植え替えが必要
 一年草に比べると比較的価格が高い

1年中、花が咲いている庭というのは素敵ですが、相当手間がかかるものです。

一年草ばかりだと、花がら摘みだけで疲れてしまったということにもなりかねません。かといって多年草ばかりだと花が少なくて寂しい花壇になってしまいそう…。

作業を軽減させてガーデニングを楽しむためにも、一年草と多年草をうまく組み合わせることがポイントです。

niwa

我が家では、多年草中心のガーデニングです。

理由は、毎年植える手間をかけたくないから。花がら摘みをこまめにするのが面倒ということもありますね。

というわけで、春に苗を買うときは多年草をメインに選んでいたのですが…。最近、一年草をもう少し増やしてみようか、と思うようになりました。

多年草は毎年植え替えする必要はありませんが、何年も植えっぱなしにしておくと株がとっても大きくなります。

今年、庭植えの多年草を掘り起し、株分け・植え替えをしましたが、大きくなりすぎていたため、時間も手間も随分かかりました。

ギボウシやシランを庭のあちこちに植えてあって、どちらも数が多かったので体力的にも結構大変。

考えてみると、冬の間、庭は雪で1メートル以上も埋まってしまうので、実質、ガーデニング作業をするのは4月下旬から10月下旬までの約6ヶ月間です。

多年草を掘り起こして植え替えするより、一年草の苗を植え付ける作業のほうが体力的には楽できるかなと思ってしまいました。

春から秋まで植替えの必要がない一年草を選べば、植え付けは春に1回ですみますね。

問題なのは、面倒な花がら摘みはしたくないということ。

選ぶなら、花がたくさん咲く植物より、葉の色をメインに楽しむ植物を植えたいと考えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ