猫にとって危険な有毒植物と安全な観葉植物

cat02
猫が食べると危険な食べ物としてタマネギやネギはよく知られています。

猫の飼い方の本にも書かれているので、危険な食べ物については、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

しかし、観葉植物や花の中にも猫にとって有毒な植物が多数あることを知っている方は少ないかもしれません。

どれくらい危険なのかを認識している方となると、さらに少数だと思います。

私も、せいぜい吐いたり下痢になる程度だと考えていました。しかし、食べた量によっては死に至ることもあるので注意が必要なのだそうです。

猫にとって特に危険なユリ科の植物

危険な食べ物であるネギはユリ科の植物ですが、ユリ科の植物は花・葉・茎・球根全てが猫に有毒で体内に入った場合、重症の貧血を引き起こすといわれます。

ユリをいけてあった花瓶の水をひと舐めしただけで重篤な症状になり死亡したケースも報告されています。

有毒だとされる植物を、どれくらいの量食べたり触ったら中毒を起こすかは猫の個体差やその時の体調によって大きく変わるようです。

中毒性がある植物でも、かじったくらいなら平気な猫もいます。しかし、今は異常がなくても今後も大丈夫とは言えません。

猫は、ちょっとした好奇心や遊びのつもりで、観葉植物や花をかじったりします。一度、興味を持つと、少しくらいのことではめげず、何度も同じことに挑戦します。

また、胃の不快感を解消するために植物を食べることもあります。

植物を食べるのが習慣になってしまうと有毒の植物を食べてしまう危険性はさらに高まります。

ユリの他に、どんな植物が危険かというと…

ポインセチアやシクラメン、クリスマスローズや幸福の木で有名なドラセナ、スズラン、レンゲツツジなどのツツジ類、球根のあるチューリップやヒヤシンス、アマリリス、クロッカス、スイセンも危険です。

その他にも、イチイ、キョウチクトウ、ケシ、ナデシコ、シャクナゲ、ジャスミン、トマトの葉と茎、アロエ、アサガオの種なども中毒性があります。

ポトスやアイビーなどのツル性植物、サトイモ科のカラジウムやカラーといった身近な観葉植物にも注意が必要です。

危険な植物は700種類以上あるといわれています。猫にとって最も安心・安全なのは植物を置かないことです。

猫に安全な観葉植物とは?

観葉植物を置きたいと思った時は、まずは猫にとって危険な植物でないか確認しましょう。

猫にとって有害かどうか調べても分からない時は、その植物の「科」を参考にするとよいです。

植物は、科・属と分類され、「科」には同じ成分が含まれた植物が多くあります。

その成分が猫にとって毒となることが多いので、同じ科に属するものは置かない方が無難だと思います。

では、猫に無害な植物はあるのでしょうか?

オリヅルランやテーブルヤシは猫に害がない植物といわれており、猫草のかわりに与えている方もいるとか。しかし、個体差もあるので草を好む猫には猫草のほうが安心でしょう。

cat03

愛猫のために植物を置かない

我が家では猫を飼っています。鉢植えの土を掘るので予防策を調べていたところ、猫にとって危険な植物が意外にたくさんあるので驚いてしまいました。

玄関にはジンチョウゲの鉢植え、庭には、アジサイ、ツツジ、スイセン、チューリップ、キキョウなどが植えてあります。

ガーデニングで使われる植物も猫にとっては危険がいっぱいなんですね。家庭菜園の野菜やハーブも気をつけないといけません。

猫は室内飼いなので、家の中に植物を置かなければ問題はないのですが…。部屋に緑がないのはさびしいですが、家族の一員である猫のため、ガーデニングは庭だけということになるでしょう。

ネットで調べてみると、猫を飼っている場合で観葉植物や花を部屋に飾るかどうかはケースバイケースといえるようでした。

鉢植えや生きた植物を一切室内に置かないという方もいます。

一度、別の部屋に移動させて、しばらくしてから戻したら、かじらなくなったので置いているという方もいます。

観葉植物をかじるので猫草を置くようにしたら、観葉植物のほうは、かじらなくなったということもあるようです。

関連記事
猫との生活(鉢植え植物イタズラ防止策)
ハーブを使った猫よけ対策
ガーデニングと猫