猫にとって危険な有毒植物とは?部屋に置いても安全な観葉植物を紹介!

cat02

観葉植物の中には、猫にとって有害・有毒のものがあることをご存知でしょうか?

猫が食べたり、かじったりすると中毒をおこす危険性がある植物を紹介します。

猫が観葉植物を食べても大丈夫?危険な観葉植物とは

猫にとって危険な植物は700種類以上もあると言われています。
今回は、その中から一部を紹介します。

・ポインセチア
・シクラメン
・クリスマスローズ
・スズラン
・チューリップ
・ヒヤシンス
・アマリリス
・クロッカス
・スイセン
・ツツジ科の植物(アザレア・ツツジ・サツキなど)
・幸福の木(ドラセナ)

観葉植物を部屋に飾りたいと思った時は、猫にとって危険な植物でないか確認しましょう。

調べても分からない場合は、その植物が何という「科」に分類されているかを参考にするとよいでしょう。

「科」には同じ成分が含まれた植物が多くあります。

その成分が猫にとって毒となることが多いので、同じ科に属するものは置かないほうが安全だと思います。

◆猫にとって特に危険!ユリ科の植物
ユリ科の植物は花・葉・茎・球根全てが猫に有毒です。
体内に入った場合、重症の貧血を引き起こすといわれます。

ユリをいけてあった花瓶の水をひと舐めしただけで重篤な症状になり死亡したケースも報告されています。

タマネギやネギもユリ科に含まれるので注意しましょう。

猫がどれくらいの量を食べたら危険?

調べてみたところ、猫の個体差やその時の体調によって大きく変わるようです。

中毒性がある植物でも、かじったくらいなら平気な猫もいます。

しかし、今は異常がなくても今後も大丈夫とは言えません。

猫は、ちょっとした好奇心や遊びのつもりで、観葉植物や花をかじることがあります。
一度、興味を持つと、少しくらいのことではめげず、何度も同じことに挑戦します。

また、胃の不快感を解消するために植物を食べることもあります。

植物を食べるのが習慣になってしまうと有毒の植物を食べてしまう危険性は高くなるので注意しましょう。

◆猫が観葉植物を食べるのを防ぐ方法
・猫の届かない場所に置く
・猫が絶対に入らない場所があれば、そこにだけ置く
・猫が食べてもいい植物を与えてイタズラを防止する

猫にとって安全無害な観葉植物とは?

・オリヅルラン
・パキラ
・サンセベリア(トラノオ)
・テーブルヤシ
・シュロチク
・エバーフレッシュ

害はないといわれています。

ただし、葉っぱが細長いものなどはオモチャにしてかじられる場合もあります。

cat03

植物を置かないという選択肢もあります

我が家の猫は、葉っぱをかじったり、鉢植えの土を掘ったりするので困っています。

なにか良い対策はないかと調べていたら、猫にとって危険な植物が意外にたくさんあるので驚いてしまいました。

玄関にはジンチョウゲの鉢植え、庭には、アジサイ、ツツジ、スイセン、チューリップ、キキョウなどを植えています。

ガーデニングで使われる植物も猫にとっては危険がいっぱいなんですね。
家庭菜園の野菜やハーブも気をつける必要がありそうです。

猫は室内飼いなので、家の中に植物を置かなければ問題はないのですが…。

部屋に緑がないのはさびしいですが、家族の一員である猫のため、ガーデニングは庭だけということになるでしょう。

ネットで調べてみると、猫を飼っている場合で観葉植物や花を部屋に飾るかどうかはケースバイケースでした。

鉢植えはもちろん、花瓶に入れた切り花まで、植物を一切室内に置かないという方もいます。

一度、別の部屋に移動させて、しばらくしてから戻したら、かじらなくなったので置いているという方もいます。

観葉植物をかじるので猫草を置くようにしたら、観葉植物のほうは、かじらなくなったということもあるようです。

実をいうと、中毒症状といっても、少し吐いたり下痢になる程度だと軽く考えていました。
しかし、食べた量によっては死に至ることもあるそうですから油断はできませんね。

猫にとって最も安心・安全なのは植物を置かないことかもしれません。

関連記事
猫から鉢植え植物を守る対策は?観葉植物の被害を防ぐ方法
猫避けに効果があるハーブとは?植物を使った猫よけ対策
猫よけ対策は猫の習性を利用して効果的に!
100均の猫よけマットは効果ある?野良猫対策グッズを試した結果は?
ルー(ヘンルーダ)の育て方と防虫・ネコよけ効果