スプレー菊の育て方(夏に開花する品種について)

黄色のスプレー菊

キクといえば一般的に開花は秋というイメージがありますが、スプレー菊は6月咲き・7月咲き・8月咲きなど夏に開花する品種があります。

スプレー菊の育て方と仏花用に苗を購入して実際に育ててみた感想を紹介します。

スプレー菊とは|特徴

スプレー菊は、アメリカに渡って改良された園芸品種が里帰りしてきた花ですが、現在は日本で作られた園芸種も多く出回っています。

枝分かれして多くの花を咲かせるのが特徴です。

赤やオレンジ・ピンク・クリームなど花色は豊富で、一重咲き・ポンポン咲き・アネモネ咲き・スパイダー咲き・丁字咲きなどの花形があります。

花壇や植え込みに利用されるほか、フラワーアレンジや切り花としても人気が高い花です。

スプレー菊の育て方

スプレー菊は、肥沃な水はけのよい用土に植え付け、日当たりの良い場所で育てます。

肥料は、緩効性肥料を月に1回。または、液肥を週に1回与えます。

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。

3~4月下旬頃に植え付け、4月中旬~5月上旬をめどに下葉を5~6枚残し摘芯します。

仏花用にスプレー菊の苗を購入、鉢植えで育てています

仏壇のお供え用とお盆の墓参り用に、8月咲スプレー菊のポット苗を3つ買いました。鉢植えと地植えで育てています。

・一重咲のディーノ(黄色)
・一重咲のマルフィール(白)
・二色咲のグラナ(白で中心部が濃いピンク)

ラベルに「4月中旬~5月上旬を目処に摘芯」と書かれていたのですが、植え付けたのが5月上旬。

なので、いつ摘芯したらよいのか分からず放っておいたところ…。

黄色と二色咲きの2つが、どんどん伸びて草丈が1メートル位になってしまいました(白は約60センチ)。

草丈は60~90センチになると書いてあったので少し伸びすぎです。摘芯しなかったせいでしょうか。

ちゃんと花が咲くのか不安だったのですが、7月末にはツボミがつき、8月中旬には開花しました。

8月咲きとあっても天候や気温によって開花がずれることも考えられます。

お盆のお墓参りには間に合いませんでしたが律儀に名前どおり8月中に咲いてくれたのには妙に感心してしまいました。

来年の春は、新しい芽(冬至芽)が出てきたら苗を増やし、摘芯も今度はきちんとするつもり。

今度は7月咲きスプレー菊の苗を購入して、お盆の時期にちょうどよく咲いてくれるか試してみたいと思います。

【追記】
kiku20160707
※2016年7月7日撮影

キクは草丈が高くなったら、支柱を立てたほうがよいかもしれません。
写真のように強風で根元からポッキリということもあります。

⇒ キクに関する記事一覧