ネモフィラの育て方

ネモフィラの花
ネモフィラは、北米原産でハゼリソウ科ネモフィラ属(ルリカラクサ属)の1年草です。

花色は青色(空色)で、オオイヌノフグリと似た花を株一杯に咲かせます。

早春の花壇や寄せ植えに人気がある植物のひとつで、別名ベビーブルーアイズとも呼ばれています。

管理が簡単で育てやすい植物なので初心者にもオススメです。

横に広がって育つ習性があるので広さのあるところに植えると見ごたえがあります。群生していると一面青い絨毯のようです。

ネモフィラの育て方

日当たりと水はけの良い場所で育てます。

種蒔きは4月中旬~5月下旬か9月上旬~10月上旬に行います。

移植を嫌うので、鉢植えや花壇に直蒔きするかポット蒔きします。土は厚さ1ミリ位に軽くかけます。

直蒔きした場合は株間が15~20cmぐらいになるように間引きます。

ポット蒔きの場合は1つのポットに3粒位蒔いて元気なのを残すように間引きします。本葉4~5枚位になったら定植しましょう。根が傷みやすいので植え付けるときは深めに穴を掘って根鉢は崩さず、そのまま植え付けます。

地植えの場合は霜の心配がなくなってから植え込むのがポイントです。

水やりは、鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたら与えます。地植えの場合は特に与えなくても大丈夫です。

肥料は緩効性の化成肥料などを与えます。

枯れた花や葉はこまめに取り除いたほうがよいです。また、葉が茂りすぎて混み合うと株が蒸れて病気にかかりやすくなります。茎や葉を所々間引いて風通しをよくしましょう。

ひたち海浜公園のネモフィラの丘

ひたち海浜公園のネモフィラの丘が有名

朝のテレビニュースで、茨城県の国営ひたち海浜公園みはらしの丘のネモフィラが咲いている様子に見とれてしまいました。

青空の下、空色の花畑が一面に広がっている様子は幻想的ですね。

ひたち海浜公園では四季を通じていろいろな花が咲きますが、5月初旬からはライトブルーのネモフィラ450万本が見ごろを迎えるのだそうです。

●国営ひたち海浜公園
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話:029-265-9001

アクセス
(電車)JR勝田駅から茨城交通バス約15分「海浜公園西口」または「南口」下車すぐ
(車)北関東道経由ひたち海浜公園ICから約0.9km、または常磐道日立南太田ICから約15km

機会があったら訪れてみたいものですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ