芽を出した植物・枯れた植物(2011年4月)

4月に入り県内の積雪ゼロとなりましたが、我が家の庭は雪の中。家の中に置いてある鉢植えの植物が、一足早い春を告げてくれます。

冬から春にかけての我が家の植物について。

良い出来事
・鉢植えの紅梅、白梅が開花(1~2月)。
・挿し木して2年目のジンチョウゲ、昨年に続き今年も開花。
・挿し木して2年目のレンギョウ、ツボミが膨らんできた。今年、初めて開花となりそう。

悪い出来事
・シクラメンの球根が腐りかけている。
・ベンジャミンの葉が枯れる。
・パキラの新芽が枯れる。
・オリヅルランが枯れる。

シクラメンは、昨年12月に全ての葉が枯れてしまった訳ですが、その時点で球根は硬くしっかりしていました。ところが、先日、触ってみると柔らかい部分があります。どうやら腐りかけているようです。新しい葉が出てくる可能性はゼロでしょう。

オリヅルランは10年近く育てています。放任状態で、冬の間、寒さの厳しい玄関に置いても問題なかったのでかなり丈夫な植物だと思い込んでいました。2月ころから、1枚、また1枚と葉が枯れていき、3月末には全ての葉がなくなってしまいました。このまま枯れるとは思えません。日中の気温も10℃と暖かい日が増えてきたので、新しい葉が出てくるのではと期待しています。

シクラメンは夏の猛暑、オリヅルランは冬の厳しい寒さの影響が大きいと思います。温度管理が出来ていなかったということですね。

失敗続きとなりましたが、今年は、これ以上、枯らすことのないように育てていきたいものです。

雪解けした花壇では、フキノトウが顔を出しました。スイセンの葉も出てきています。新しい芽は見るだけで元気が出てきます。植物の力は偉大ですね。

東北関東大震災で、私の住んでいる地域の被害はそれほど大きいものではありませんでした。現在、商品の品薄感は若干あるものの日常生活はほぼ平常通りになりました。

地震のニュースを見るたびに心が痛みます。被災地が一日も早く復興し、緑がよみがえることを祈らずにはいられません。

suisen

「blog1000flowers」という運動があることを知りました。千羽鶴の代わりに千のお花の画像を贈って被災地を応援しようというもの。

普通に記事を書いて花の画像をのせ、画像の近くに「blog1000flowers」という文字を入れるだけで参加できるそうです。

関連記事
シクラメンの季節
パキラの冬の管理
ベンジャミンの葉が枯れる!

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ