シクラメンの季節。鉢花の選び方

sikura20101213
シクラメンの季節になりました。園芸店やホームセンターではシクラメンの鉢植えが目立ちます。隣町の園芸高校や地元の農家で栽培されたシクラメン即売会のニュースなども新聞に載っていました。

種類が多いシクラメン、人気の花色は?

シクラメンは、赤、ピンクの花色のものが人気ですが、その他にも部位によって花色が変わるものやグラデーションがかかるものなどがあります。

最近では、香りシクラメンのアメジストブルーや八重咲きシクラメンのライラックブルーなど、ブルーのシクラメンも登場しました。

花弁(花びら)は、ノーマルタイプ、フリンジタイプ、八重タイプなどがあります。

また、大きさでいえば、ミニシクラメン・原種シクラメンのように小型のものから大型のものまで様々ありますね。

このように大きさや花色、花弁の組み合わせで品種は何百種類にもなるとか。

さらに、毎年、新しい品種も登場しているので今後もますます増えていくのでしょう。

花が少ない冬を彩ってくれるシクラメンは冬ギフトとしても人気の鉢花です。

質の良いシクラメン鉢花の選び方・購入ポイント

花屋さんのブログをみたらシクラメンの鉢花を購入するときのポイントが紹介されていました。

品質の良いシクラメンを購入するのにオススメの時期は11月末から12月初めなのだそうです。

シクラメンは暑さに弱いため10月後半から11月中ぐらいまでに購入すると、葉がすぐに黄色くなってしまうことがあるそうです。

その点、11月末から12月初めは秋から冬へと季節が変わり気温も低くなる時期ですから安心です。また、お歳暮シーズンを迎えることもあり、ギフト用の高品質のシクラメンが出回ってきます。

ですから、自宅用・ギフト用、どちらにしても購入するなら、その頃まで待った方がよいという話です。

シクラメン鉢植えの選び方3つのポイント

1.花が中心に集まっている
2.葉の下に花芽がたくさんある
3.葉の下に黄色い葉が隠れていない

※シクラメンの花は葉と対になって花と葉の数は同じなので、葉の数が多いものがオススメです。

我が家のシクラメン、ついに枯れる

我が家のシクラメン(ビクトリア)は、12月11日、とうとう最後の葉がしおれてしまいました。

ツボミもついていたのですが、大きくなれず干からびてしまい…、枯れてしまったようです。

球根を触ってみると、硬くてしっかりしています。

もしかして、春になったら新しい葉が出てくれるかも、などと淡い期待を持っていますが、どうでしょうかねぇ。

お店のシクラメンを見ると、きれいだなと思う一方で、我が家のシクラメンのことを思い出してしまい、「そうか、もう枯れてしまったんだ」と少しばかりさびしい気持ちになってしまいます。

去年の今頃は「二度目の夏越しも成功して一回り大きく育ち、ちゃんと咲いてくれたので感謝、感謝です」と書いてあったものですが…。

枯れてしまったシクラメンに義理立てするというのも変な話なんですが…。

しばらくの間、シクラメンを育てるのは、お休みしようかなと思っているところです。

⇒ シクラメンに関する記事一覧