アメリカシロヒトリが大量発生!

殺虫剤
「アメリカシロヒトリの大量発生」

朝刊の一面に大きく載っていたのでビックリしました。

記事によると、駆除依頼は8月だけで359件と昨年より130件以上の増加。職員や作業員が対応に追われているそうで、特に「至急駆除してほしい」という飛び入りの電話が昨年より多いそうです。

そういえば、市の広報にもアメリカシロヒトリの記事が載っていたような…。でも、昨年は被害にあわなかったこともあり、自分の庭は大丈夫だろうと深刻に受け止めていませんでした。

しかし、新聞にこれほど大きく掲載されるということは、被害、かなり大きいんでしょうね。

早速、庭木をチェック。

結果、いたのは普通の青虫(?)だけだったので、まずは一安心。とはいえ、たくさんの青虫が葉っぱを食べまくっていたので、枝ごと切り取り、さらに付近一面に殺虫剤をかけてしまいました。一匹くらいなら見逃すところですが、数が多いとそうはいっていられません。

春はこまめにチェックするんですが、今の季節は、暑さのせいか面倒くさくなってしまって、チェックを怠りがち。これからは、気をつけなくては。

アメリカシロヒトリは5~7月と8~9月の年2回発生。放置しておくと付近一帯に被害が拡大してしまいます。

一昨年頃でしょうか、はじめてアメリカシロヒトリを我が家の庭で見つけたときは、本当に大騒ぎしたものです。自分の庭が発生源になって、近所にまで被害が広まったら大変ですから。

もちろん、逆のケースも。自分の庭で発生していなくても、近所からやってくる可能性もあります。まだまだ、油断できませんね。

アメリカシロヒトリの大量発生は、今年の記録的な暑さも影響しているのでしょうか…?

関連記事
アメリカシロヒトリの発生確認(2013年)
秋の害虫対策
植物の病気・害虫対策のシーズン
病害虫アメリカシロヒトリの駆除