長すぎる梅雨とゲリラ豪雨

今年の梅雨は、いつになく梅雨らしい梅雨、というか雨が降りすぎです。降り方も短時間に激しく降って、数時間後にはやんでしまう、みたいな例年と違う降り方が多いです。

曇りの日も多くて、なかなか、お日様が顔を出しません。

そんな天気続きなので地面も常に湿った感じです。たまの晴れ間に庭に出ると雑草だらけ。ゼニゴケも、こまめに取っているんですが、どうしても出てきてしまいます。

気温は平年より高めなので、植物にとっては育ちやすい環境だし、仕方がないですね。

泥のはね返りや蒸れで病気にならないかも気になるところです。茂りすぎているものは切り戻ししたり、枝をすかしたりして、風通しがよくなるようにしていますが、天気が悪いので、はかどりません。

昨日は、毛虫を発見したもので薬剤散布したんですが、夜中に雨が降ってしまい、ムダだったかも…。

日照不足も不安です。

我が家の家庭菜園が影響受けるくらいなら、大したことはないんですが。春の低温で高値だった野菜の値段が落ち着いたと思ったら、また値上がりするんじゃないでしょうか。

毎日、河川の氾濫とか土砂崩れなど大雨による被害のニュースを見ていると、暗澹たる気持ちになってしまいます。

梅雨明けが待ち遠しいですね。あと1ヶ月しないうちに夏祭りがきます!お盆が来たら、もう秋風が吹き始めるし…。

夏なんて、あっという間に過ぎてしまうんじゃないでしょうか(-_-;)。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ