盆栽鉢の種類と使い分け。通販でお気に入りを探す

ミニ盆栽
販売されている盆栽は、既にきれいな鉢に植えられていることも多いですね。

でも、プラスチックの鉢だったり、苗の状態のものを購入して自分で植え替えたいと思ったとき、どんな鉢を選んだらいいのか?

盆栽初心者としては、かなり迷ってしまいます。

盆栽の鉢には、浅いもの、深いものなど様々あります。自分の気に入った鉢に植えてもよいのかな~とは思いますが、この種類の樹木には、この鉢が合うというような使い分けを知っている方が盆栽をより楽しめるような気がします。

盆栽の鉢は、高価なものを買えばいいというものではなく、鉢と盆栽の相性をよく考えてあげることが重要なのだとか。

ずっと同じ鉢を使うわけではなく、成長とともに鉢も変わっていきます。

盆栽鉢の種類

樹木の育成中は仕立て鉢と呼ばれる素焼きの鉢を用います。素焼き鉢は、値段が安く、通気・排水・保水に優れているというメリットがある反面、壊れやすいというデメリットがあります。

樹木が成長すると、化粧鉢と呼ばれる観賞用の鉢に植え替えます。これが一般にいわれる盆栽鉢ですね。

化粧鉢は釉薬鉢ともいい、釉薬をかけた鉢です。素焼き鉢より高温で焼かれているので、硬くて割れにくく、見た目に美しいので観賞に適しますが、通気性・排水性がないのがデメリット。

盆栽鉢の形もバリエーションが豊富で、長方・楕円・正方・丸・六角・八角など色々あります。その他に、鉢の深さ・縁の形・角の形・胴の形・足(高台)の形なども多くの種類があります。

bonsai
盆栽を引き立てるような鉢として、例えば、横に広がるタイプの木には楕円形の鉢が合うし、懸崖など高さを見せる盆栽には深めの鉢が合うなど、樹種や樹形でさまざまな選択肢があります。

鉢の色は、観賞期の葉や花や実とのつり合い(鉢映り)を考えます。


干支お雛様のせともの市場
奥が深い盆栽の世界ですが、まずは、お気に入りの一鉢を見つけることから始めたいです。

100円ショップやホームセンターで気に入ったものが見つけられないときは、通販ショップを利用するのがよいかもしれませんね。

楽天市場で専門店を見てみたら、素敵な盆栽鉢がたくさんあって目移りしてしまいました。