盆栽と鉢植えの違いは?

バラの盆栽
盆栽と鉢植えは、どこが違うのか分からないので調べてみました。

ネットで検索したら「バラの盆栽」というのをみつけました。盆栽と鉢植えの違いは、観賞目的が違うということなのかもしれませんね。

●鉢植えは、花や葉、実などの植物の美しさを観賞。

●盆栽は、鉢の中に、その植物(木や草)が野外で見られる自然の姿を作り出して、その美しさを観賞。鉢の中に自然を凝縮させて、花や実のほかに枝ぶりや根の張り方も楽しむ。

盆栽に使われる植物は、松・梅・桜・さつき・もみじ、他にも沢山あります。同じ植物でも、観賞の仕方で、鉢植えだったり、盆栽だったりするということでしょうか。

「盆栽仕立て」「寄せ植え風の盆栽」なんて言い方もしますよね。

例えば、我が家にある梅は、花を楽しむことがメインで枝ぶりを楽しむということはありません。こういうのは、盆栽ではなくて鉢植えということでしょう。

盆栽は、小品、中品など大きさによる分類があるそうです。

小品盆栽は、樹高が20センチまでの小ぶりのサイズの盆栽で、その中でも小さいサイズのものは「ミニ盆栽」「豆盆栽」と呼ばれ、鉢も小さな物を使います。

盆栽は初心者なので、もし、始めるとしたらミニ盆栽がいいなと考えています。ミニ盆栽は、ホームセンターや盆栽専門店、ネット通販で購入できますし、値段も1,000円位なので気軽に始められます。

盆栽についての知識があれば、盆栽をもっと楽しめますよね。

盆栽関連の雑誌には、初心者向けの記事も多く載っているそうなので、一度読んでみるつもりです。

関連記事
鉢植えの梅の開花と大雪