鉢植えの梅の開花と大雪

鉢植えの紅梅が年末から咲き始めました。お正月にかけての開花で一足早い春を届けてくれたようです。

元日に積雪40cmという大雪に見舞われ、その後数日間、雪が降り続けました。今年(2010年)は、朝晩2回の雪片付けで正月気分が吹っ飛んでしまいましたね。

朝、車庫前の雪と庭に通じる道の雪を1時間ほどかけて片付け、お昼に実家の屋根雪を下ろし(これも1時間位)、夕方に再び家の雪を片付ける…なんて日もありました。

この日は、日中も雪が降り続いたおかげで、雪片付けに2~3時間も費やしてしまいました。

でも、雪片づけに疲れてうんざりして家に入ってきた時に、梅が咲いているのをみると、心が休まりますね♪春は遠くないぞ!という気持ちにさせてくれます。

昨年の剪定が良かったのか、それとも偶然なのか、ツボミが昨年よりも多くついているのも嬉しい。

もう一鉢、白い花が咲くのがあるのですが、そちらは開花が遅れ気味。同じ環境で育てていても開花時期が違うのは不思議です。

ところで、盆栽がブームなのだそうですね。寄せ植え風のモダンな盆栽など若い人に人気があると新聞記事で読みました。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、

日本の盆栽はヨーロッパでは1970年頃から「BONSAI」として根強い人気がある。盆栽は日本から盛んに輸出されるほか、ヨーロッパ産の木を盆栽に仕立てることも一般化している。

ということです。

でも、盆栽って、今ひとつ分かりません。我が家の梅は、盆栽というより鉢植えという雰囲気ですが…。「これが盆栽だ」という定義みたいなのはあるんでしょうか?

関連記事
鉢植えの梅の剪定は難しい
梅の花の香り

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ