シャコバサボテンとシクラメンの開花状況(2009年)


2009年のシャコバサボテンとシクラメンの開花状態、及びマンリョウの生育状況を書いておきます。

昨年と比較してみました。

シャコバサボテンの生育状況・短日処理後

9月15日~10月20日(5週間)短日処理
12月11日、開花

短日処理を始める時期を早くした分、開花も早くなりました。

たくさんの花芽(ツボミ)がついたのですが、無事に大きくなったツボミは10くらい。やっぱり、落ちてしまったのが多かったです。

しかも、開花したと思ったら寒波がやってきて、真冬日が1週間も続いてしまいました。

夜間の冷え込みが厳しく、ダンボール箱をかぶせてみても、一つ、また一つとツボミが落ちてしまいます。

数日前から、夜も比較的暖かい居間に鉢を移動させたのですが、どうやら遅すぎたようです。

結局、花は4つしか咲きませんでした。ツボミがあと2つ付いていますが、咲けずに落ちてしまうんじゃないかと思います。

去年より花が少なかったのが残念。

来年は、短日処理が終わったら直ぐ暖かい部屋に置くようにすれば、違った結果がでるんではないかと思います。

シクラメンの生育状況

8月下旬からツボミがつき始め、9月22日に1つだけ花が咲きました。

しかし、その後、次々と開花するということはなく、本格的に咲き始めたのは昨年と同様12月に入ってからでした。

花茎が短くて葉の陰に隠れそうになって咲いているのが数本、葉の大きさも結構バラバラ、というのが昨年と違うところですね。

昨年の方がキレイな姿だったように思います。

とはいえ、二度目の夏越しも成功して一回り大きく育ち、ちゃんと咲いてくれたので感謝、感謝です。

マンリョウの生育状況

室内に取り込む時期を遅くしました。雪が積もるようになってからです。外に置いてたほうが実の落ち方は少なかった気がします。

でも、あんまり沢山は実がついてくれませんでしたね。

今年は、手をかけない方がいいのかなと、あえて放任状態にしてみました。

育ち具合は可もなく不可もなくというところでしょう。

シャコバサボテンに関する記事一覧