落葉樹の剪定適期


落葉樹の剪定は、葉の落ちた冬(12~2月)が適期。栄養分を幹に蓄えて休眠に入っている時期なので、木へのダメージが少なく、切りすぎたとしても枯れる心配はほとんどありません。

葉が落ちているので、枝ぶりも見やすく、木の姿を見ながら剪定できます。

そのため、初心者でも、この時期の落葉樹の剪定は、作業がやりやすく安心して出来るといえるでしょう。

ただし、落葉樹でも剪定時期が限定される種類もあり、地域によって何月が良いかが変わってくるので注意しましょう。

例えば、休眠からの目覚めが早いカエデやサクラなどは早めに、目覚めが遅いサルスベリやムクゲなどは春先に剪定します。

寒さの厳しい地域では寒すぎる1~2月の剪定は避けます。反対に、温暖地では12月でもまだ葉が落ちきってないこともあるので、葉が落ちきる1~2月まで待ってから剪定したほうが安全です。

剪定は、基本的には毎年行ないます。何年かおきに剪定すると、茂りすぎて残したい枝が枯れたり、太い枝をたくさん切らなくてはいけなくなったりするからです。

剪定することで、日当たりや風通しがよくなり病気や害虫を予防する効果もあります。

初夏から夏にかけて、落葉樹は一年分の養分をためる活動期にあり、強い剪定を行うと枯らす危険があります。夏は乱れた部分を整える程度の剪定にとどめたほうが安全です。