雪囲い真っ最中

雪囲いの真っ最中です。

今年は、立冬に平年より7~8℃も気温が高くなったかと思うと翌日には急に寒くなるなど、寒暖の激しい日が続いています。天気もなんだか定まらず、雨の日が続くことが多いので晴れ間をみて庭木の雪囲いをしています。

今日は久々にすっきりと晴れましたが、明日から、また雨の日が続くということ。近所でも雪囲いしている姿がチラホラと見られました。

先日、ホームセンターに雪囲い用品を買いに出掛けました。ムシロ、荒縄、雪囲い支柱など色々あります。雪囲い用の板を買う予定だったのですが、雪囲い用ネット(防風防雪ネット)を買ってみました。目合4mm、0.9m×1.8mサイズで197円。値段も手頃だし、来年も使えるので、結構お得かも。

園芸用の支柱を立て、ネットをまいて縄で結んで終了。あっけないほど簡単に出来て、板で囲うより楽でした。

あとは、ドウダンツツジ1本を残すのみ。ただ、あんまり紅葉がきれいなので、もうちょっと楽しんでからにしようと思っています。

花壇の一部は、土がむき出しの状態で寒々としています。ギボウシのように地上部が枯れてしまう植物を植えている箇所は、晩秋ともなるとなんとも殺風景となってしまいますが、仕方がないですね。寒くなったら、庭に出て眺めることもないからいいんですが。

鉢植えも家の中に取り込んだし、雪囲いがすんだら庭での作業はほとんど終了です。

関連記事
庭木の雪囲いのやり方

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ