遅い梅雨明けとコケの繁茂

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。今年(2009年)は、前半は空梅雨かな~というくらい雨が降らなかったのですが、後半は2~3日置きに降り、曇り空の日も多くて、スッキリしません。

特に、7月下旬は雨の日が多くて、気温も若干低め。低温注意報がでることも。過ごしやすいのは有り難いですが、やっぱり今の時期は暑くないといけませんよね。

東北北部の梅雨明け平年日は7月27日ごろだそうですが、過去4年間の梅雨明け日は全て8月に入ってから。今年も8月初めになりそうです。

という訳で、雨が多くて庭の植物の手入れは怠りがちになっています。

先日も、庭木を何気なくみたら、毛虫が大量発生して葉が食べつくされている部分を発見、慌てて薬を散布する始末。

日向の部分でも地面がなかなか乾かないくらいなので、当然、日陰はジメジメ状態です。水はけの悪いところが徐々に緑色に覆われていき…。気が付いたらゼニゴケだらけでした!

赤玉土を混ぜ込むなどして、水はけを良くしたいと考えているのですが、毎日のように雨が降っているので出来ないでいます。

雨もシトシトと静かに降るのではなく結構強く降るので、泥はねも凄いです。植物に病気が発生しなければいいんですが。

カラッと晴れた青空が恋しいですね。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ