虫除け効果が期待できる植物の種類

蚊取り線香
夏になると、蚊除け・虫除けの植物が話題になりますね。ホームセンターや園芸店、ネット通販でも販売されています。

「ニーム」は虫よけの木として有名ですが、他にも虫除けの効果が期待できる植物には、

モスキートブロッカー
蚊連草
レモンユーカリ

など、色々あるみたいです。虫が家の中に入ってこないよう、窓辺に鉢を置くとよいとか。

ゼラニウム
そういえば、ヨーロッパで窓辺にゼラニウムを飾ることが多いのは、ゼラニウムに虫除け効果があるからだと何かで読んだことがあります。

ゼラニウムの中には、虫の嫌がる香りがするものがあって、窓際に植えることで部屋に虫が入ることを防ぐのだそうです。

テレビコマーシャルの歌詞ではありませんが、まさにゼラニウムの香りが「見えない網戸~♪」になっている訳です。

「シトロネラール」という成分は、香りに昆虫忌避作用があり、特に蚊に対しては非常に威力を発揮することで知られています。

虫除けの効果があるといわれる植物の中には、このシトロネラールの香りを持つものがあるのだそうです。

市販の虫除け剤にもシトロネラールが使われているものがあります。

ちなみに、虫除けの植物は、蚊が近寄らなくする効果を持ちますが、期待するほど強力なものではないとも言われています。

しかし、虫除けの植物を部屋に置くことは、観葉植物としてもステキだし、人にも環境にもやさしいので虫除けの方法としてはオススメではないかと思います。

小さな子供のいる家庭など、化学薬品はできる限り使いたくない、天然のもので虫除けしたいと思っている人にはピッタリといえるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ