ホタルブクロの育て方


ホタルブクロ(蛍袋)は、キキョウ科の多年草で日本・東アジアが原産。山野草ですが、美しいので栽培されることも多い植物です。

ホタルブクロの仲間には、普通に見られるホタルブクロと、その変種とされているヤマホタルブクロ、シマホタルブクロ、それにチシマギキョウ、イワギキョウ、ヤツシロソウなどがあります。

草丈40~80cm。初夏に、長く伸びた茎に、たくさんの釣り鐘状の花を咲かせます。花色は白・濃赤紫・紫などがあり、自然風の庭によく合います。

ホタルブクロの名前の由来には、捕まえたホタルを入れた「螢袋」という説、吊り下がる花の形を提灯や橙籠に見立て「火垂る袋」としたという説などがあるそうです。

ホタルブクロの育て方

ホタルブクロは、とても丈夫で育てやすく初心者にもオススメです。

日当たりと水はけのよい場所で育てます。

寒さには強いですが、暑さには弱いので、夏には半日陰になるような場所が良いでしょう。

半日陰でも育ちますが、日当たりに比べると花つきが悪く花茎も倒れやすくなります。

花が咲き終わったら花茎を元から切り取ります。花の咲いた茎は枯れてしまうので、周りに出来た新しい芽を育てます。

地下茎でどんどん増えます。庭植えの場合は他の植物が負けてしまうことがあるので気をつけましょう。

病害虫の心配は特にありませんがアブラムシなどが発生したら駆除します。

我が家で育てているホタルブクロは、何年も庭に植えっぱなしの状態です。

それでも、毎年よく咲いてくれますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ