ツバキの剪定に取り掛かる

近所の庭木が、伸び放題で見ていて鬱陶しいくらいだったのですが、先日、業者さんが来て剪定していました。思いっきり枝を切り、散髪したてのようにスッキリ・サッパリした姿になりました。

我が家の庭木の剪定は、毎日、作業時間が1時間程度なのでスローペース。時間に余裕があるときを見計らってやっていたら、いつの間にか7月になってしまいました。

tubaki05

長年、放っておいたツバキは、枝が込み合っているので5年計画で少しずつ切っていこうと思い、今年で3年目。

込み合った枝を切って風通しをよくするようにしてますが、慣れてきたせいか、切り方が、ちょっと大胆になった気がしています。

今日は、てっぺんに1本だけ飛び出している太い枝を、やっと切り落としました。ツバキは絡み枝が出やすいといいますが、本当に絡み枝だらけ。内側の日が当たらない部分には、枯れ枝がそのまま残っているし。

ツバキの新芽が伸びていく様子をみると、一箇所から何本も芽が出ていて、込み合うのも当然だよね、と思わずにはいられません。

切りすぎかなとは思いつつ、どうせすぐに新しい枝が伸びるからと、もう少し剪定しようと考えています。ただ、花芽も切ってしまっている可能性があるので、来年はあまり咲かないかもしれないです。

よその庭木でも、伸び放題になっているのを見ると、気になって「あぁ、切りたい!」と思ってしまうのは、困ったものですね。

関連記事
ツバキ(椿)の剪定と育て方