フクシアの育て方

フクシアは、アカバナ科の常緑低木で、原産地は中南米です。南米といっても、高地に生えている植物なので、高温多湿の日本の夏の暑さには弱いです。

別名をホクシャ・ツリウキソウ(釣浮草)ともいい、英名ではLady’s eardrops(貴婦人の耳飾り)という優美な名前を持っています。

花は、イヤリングのようにぶら下がって咲き、欧米ではポピュラーな花鉢として人気があります。花色は、赤・紫・白・ピンク・オレンジなど多彩で、大輪・八重咲き・斑入りのものなど多くの品種が作られています。

フクシアは、夏越しが難しく、夏になると枯らしてしまうという話もよく聞きます。しかし、エンジェルス・イヤリング・アメジスト(ハンギングタイプの)のように丈夫な品種なら、初心者にもオススメです。

花の最盛期は5~6月で、ポット苗や鉢花がホームセンターや園芸店で販売されます。ポット苗を購入したら、すぐに草花用培養土にパーライトを2割ほど加えて水はけをよくした土に根鉢をくずさずに植え替えましょう。

戸外で日当たりと風通しの良い場所に置きます。ただし、夏場は直射日光は避け、西日の当たらない風通しの良い木陰など涼しい場所に移動させます。床の照り返しを避けるために鉢を吊ったり台の上に置くなどするとよいでしょう。冬は室内に取り込みます。

水やりは、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。

肥料は液体肥料を2週間に1回与えるか、緩効性の固形肥料を1~2ヶ月に1回与えます。

フクシアは挿し木で増やします。適期は4~6月と10月~11月中旬、室内では冬期も可能です。新芽を5~7cm切って赤玉土やバーミキュライトなどに指しておけば3週間から1ヶ月程度で発根します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ