イカリソウの育て方

イカリソウはメギ科の多年草です。東アジアから南ヨーロッパ、北アフリカなどに約20種が分布。日本では山野や林間に自生しています。春に赤紫・白・黄・ピンクなどの花を咲かせます。

イカリソウの仲間は、とても丈夫で育てやすいので初心者にもオススメです。

日陰や半日陰、木もれ日のさす木の株元の明るい場所や雑木の植え込みの中などが特に適しています。

日陰の庭にピッタリですが、根の成長が早く、すぐに大きく広がるので植え込むスペースは広めに確保しておくとよいでしょう。

鉢植えの場合は、赤玉土小粒、鹿沼土、軽石を等量配合したものなど、水はけの良い用土に植えます。春と秋は明るい半日陰に、夏は風通しのよい日陰に置きます。冬は寒風、霜を避け日陰で休眠させます。

水やりは春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと、休眠期の冬は表面が乾いたら多湿にならない程度に与えます。肥料は、植えつけ時に、元肥として緩効性化成肥料を与えます。花後と秋に追肥します。

生育旺盛で根詰まりしやすいので、鉢植えの植え替えは2年に1回、庭植えの場合でも3~4年に1回は行なったほうがよいでしょう。適期は5~6月と9月中旬~10月中旬。

株分けやタネで増やすことができます。

花の色や形、葉の姿が多様で、秋には美しく紅葉するものもあります。日陰の庭に植えてみたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ