アミノ酸系の除草剤

見て見ぬふりをしてきた雑草ですが、そろそろ草取りを始めないといけません。大体、桜が開花する時期が雑草も目立ってくる頃ですね。

陽気がよくなって、宿根草や庭木も新芽がでてくるように雑草もぐんぐん伸びてきます。昨年、根こそぎ取ったはずのドクダミも出てきました…。

我が家の除草対策は、
・鎌で取る
・防草シートを敷く
・除草剤をまく
の3つです。これを花壇、通路、家や車庫の周りで使い分けています。

昨年、簡単な庭の見取り図を作成して、除草剤をまいた箇所と日付を記入してみました。それによると、今年も除草剤をまく時期になったわけです。

石ころだらけの空き地部分は、放っておくと雑草が繁茂して凄いことになるので除草剤をまく作業は欠かせません。いずれは、除草剤をまかないですむようになんとかしたい、とは思っているのですが(毎年、同じことを考えています)…。春~秋までの草取り作業にかける労力と時間を大幅に減らせると思うと避けては通れません。

買ってきた除草剤は、雑草が生える前にまくタイプです。既に生えてしまっている雑草は取っておいたほうがよいということで、半日かけて草取りしました。

ところで、除草剤を買いに行ったときにもらってきたパンフレットを見たら、「土にやさしいアミノ酸系除草剤」というのをみつけました。アミノ酸系って、まるでシャンプーみたいですね。説明には「アミノ酸系が主成分なので大切な草花や土にも安心」で「成分が土に残らないから、すぐに種まきができる」とあります。

ホームセンターの売り場にいくと色々な種類の除草剤があって、どれを選んだらよいか迷ってしまいます。よく分からないので、値段が一番安いものを買ってきたのですが、こういう土にやさしい除草剤があるのなら、来年からは、こっちに変えてみようかと思います。

関連記事
雑草対策に防草シート
雑草対策と除草剤
ドクダミの駆除(除草剤を使う)
庭の雑草対策にグランドカバー

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ