コモンセージの育て方

コモンセージ
コモンセージは、シソ科の常緑多年草で地中海沿岸が原産です。

万能なハーブといわれるほど優れた薬効を持ち、サラダや肉料理、ハーブティーなど幅広く使われます。殺菌作用があり、脂っこい料理の消化剤としても優れています。

セージには、グリークセージ、スパニッシュセージなど、500種以上ありますが、一般にセージといえば、コモンセージのことをさします。

ハーブガーデン以外では緑葉のコモンセージはほとんど用いられず、ゴールデンセージと呼ばれる黄色の斑入り品種がよく使われています。

コモンセージは、草丈30~80cmで、葉は表面にしわがあり長楕円形。茎の先に穂状の花を咲かせます。花色は、赤やピンク、紫などです。

コモンセージの育て方

日当たりと水はけ、風通しのよい場所に植えます。

高温多湿に弱く、下葉が枯れやすいので注意します。枝が込んでくると蒸れて枯れることがあるので、随時刈り込んで風通しを良くしましょう。

苗の植え付け後は、たっぷりと水を与えます。苗がしっかりしてきたらやや乾燥気味に。肥料は2~3ヶ月に1回追肥を与えます。成長期の春は葉が黄ばみ始めたら随時与えます。

挿し木、株分けで増やせます。挿し木は、新しい枝先を15cmほどの長さで切り取り、土に挿します。1ヶ月ほどで根付きます。

スーパーで売られているコモンセージを土に挿したら根付いたという話を聞いたことがあります。苗が手に入らない場合はチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ