コリアンダー(パクチー)の育て方

コリアンダー(パクチー)の芽
コリアンダーはセリ科の一年草で地中海沿岸、西アジアが原産地です。

ヨーロッパでは主として種子をスパイスとして利用し、東南アジアや中国では生の葉をハーブとして食べます。

タイではトムヤムクンなどに、ベトナムでは生春巻きなどにと世界各国で料理に利用されています。

果実は香辛料として使われ、カレー粉の主成分のひとつです。

コリアンダーは、消化不良の改善や食欲増進の効果があります。また、カルシウム・鉄・カロテン・ビタミンB2・ビタミンCが含まれているので健康維持にも有効です。

若葉は独特の風味があり、人によって好き嫌いが激しいといわれるハーブです。

ちなみに「コリアンダー」と「パクチー」と「シャンツァイ(香菜)」は同じ植物です。コリアンダーというのは英語名で、「パクチー」はタイ語、「シャンツァイ(香菜)」は中国語になります。

植物としては全く同じものですが、日本では、香辛料となっているものは「コリアンダー」、生の葉野菜やタイ料理の食材として使う時には「パクチー」と呼ぶことが多いそうです。

また、和名は「コエンドロ」といいますが、ほとんど使われていないようです。

収穫したコリアンダー(パクチー)

コリアンダーの育て方

コリアンダーは移植を嫌うので、なるべく種から育てましょう。プランターや花壇に直まきします。

苗から育てる場合は小さいものを選び、根を傷めないように植えつけます。

種まきは、春(3~6月)・秋(9~10月)に行ないます。

水はけのよい肥沃な土を好みます。3粒ぐらいずつ点まきして、薄く土をかけておきます。すじ蒔きでもかまいません。間引きながら育て、株間15cm程度になるようにします。

日当たりで育てますが、葉だけを利用する場合は半日陰でも大丈夫です。

水やりは、土が乾いたら、たっぷりと与えます。肥料は、3~4月と9~10月に窒素分の少ない緩効性肥料を2ヶ月に1回与えます。

葉を利用する場合は、随時カットして使います。種子はやや褐色に変わったら茎ごと収穫して乾燥保存します。

アニスと混植すると、発芽を促進する効果があります。