グリーンネックレスの育て方

グリーンネックレス

グリンピースのような丸い粒が可愛いくて、室内に飾っていたら…。

粒がしぼんでシワシワになり、枯らしてしまった経験がある管理人です。

原因は日光不足と水のやり過ぎ。

同じ失敗をしないために、グリーンネックレスの育て方を調べたので書いておきます。

グリーンネックレスとは|特徴

グリーンネックレスは、アフリカ南西部が原産の、キク科のつる性多肉植物です。

細い茎に、丸いボールのような葉がついている様子は、本当にネックレスみたいですね。

別名、ミドリノスズ(緑の鈴)とも呼ばれます。

花色は白でタンポポに似た感じの花を咲かせます。

ネックレスのようにどんどんと伸び、垂れ下がるよう成長していくので、吊り鉢、又は、高さのある鉢から垂らす感じに植えつけるとよいでしょう。

グリーンネックレス

グリーンネックレスの育て方

元気に育てるためには、屋外で日当りと風通しが良く雨に当たらない場所で育てます。ただし、夏場は、直射日光を避け半日陰の風通しの良い場所に移動させます。

家の中にずっと飾っていると、日光不足と風通しの悪さから、枯れてしまうこともあるので注意しましょう。

水やりは、少なめにして乾かし気味に育てます。少しくらい水やりを忘れても枯れるようなことはありません。

過湿にすると根腐れを起こすことがあります。葉が黄緑っぽくなったり元気がなくなった場合は、水をやりすぎていることが原因のこともあります。

鉢土全体が乾いてから、たっぷりと与えます。目安としては月2回程度、冬は月1回くらいです。

肥料は、春と秋に液体肥料を与えます。

植え替えは1~2年に1回行ないます。4月上旬から梅雨入り前まで頃が適期です。

病害虫は特にありません。

冬は5~8度以上で冬越しできます。寒冷地では室内に取り込んで管理します。

グリーンネックレスの増やし方

挿し木で増やせます。

長く伸びたツルを途中で切って土の上にのせておけば簡単に根付いて増えてくれます。

用土は特に選びませんが、通気性がよく水はけの良いことがポイント。

赤玉土の小粒や中粒などがよいでしょう。サボテン用の培養土を使えば簡単です。

グリーンネックレスの品種

多肉植物だと思っていたら、ラベルに「キク科」と表示されていたのが意外でしたね。

グリーンネックレスには、「パールネックレス(緑の鈴錦)」という斑入りの品種もあるそうですよ。

その他に、同じキク科ですが属が違う「ルビーネックレス」というのもあります。いろいろな品種をコレクションするのも楽しいかもしれませんね。

今度は枯らさないで育ててみたいものです。