グリーンネックレスの育て方

グリーンネックレスはキク科セネシオ属のつる性多肉植物で、和名はミドリノスズといいます。細い茎に、丸いボールのような葉がついている様子は、本当にネックレスみたいです。花色は白でタンポポに似た感じの花を咲かせます。個性的な姿なので、吊り鉢、又は、高さのある鉢から垂らす感じに植えつけるとよいでしょう。

グリーンネックレスは、寒さにも比較的強く、育てやすいといわれているので初心者にも向いていそうです。

グリーンネックレスは半日陰で風通しの良い場所に置いて育てます。日照が少ないと徒長して間延びした感じになってしまうので注意しましょう。また、日差しが強すぎると葉焼けする場合もあるので直射日光に当てるのもよくありません。冬は水やりを控えめにして乾燥気味に育てます。

春から夏の生育期には、鉢土が乾いてから3~4日してから水を与えます。過湿にすると根腐れを起こします。

肥料は4~10月の生育期に、緩効性肥料を与えるか、薄い液体肥料を数回に分けて与えます。

増やし方は挿し木が一般的です。5cm程度に切って土に挿します。葉の付け根から、既に根が出ているつるを使えば、簡単に根付きます。用土は特には選びませんが、通気性がよく水はけの良い土に植えるとよいでしょう。市販の多肉植物用の土なら簡単です。

植え替えは1~2年に1回行ないます。4月上旬から梅雨入り前まで頃が適期です。

病害虫は特にありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ