庭のデザイン・レイアウト

これから庭造りをする場合は、庭をどんな風に使いたいか、がとても重要です。大切な点なので時間をかけてじっくり考える必要があります。

●庭で何をしたいのか?

子供と一緒に花壇に花を植えて楽しみたい、家庭菜園のスペースも欲しい
子供が遊べる庭にしたい、テーブルセットを置いてくつろぎたい
高齢になったので手入れが少なくてすむ庭にしたい、主に眺めて楽しむ庭にしたい、など

若い夫婦と子供、仕事が忙しくて庭で過ごす時間が少ない人、定年退職して庭仕事にたくさん時間を使えるという人…

庭での過ごし方は様々です。若い頃と中高年になってからでは、庭との関わり方にも変化がでてきます。新規にせよ、リフォームにせよ、無計画に庭を作るとせっかくの花壇の花も枯らしてしまうことになりかねません。予算があれば、一部を業者さんにお願いして、自分で楽しみながらできる部分を残してもらうというのもよいでしょう。

植える植物については、和風の庭に向いた植物、洋風の庭に向いた植物というのはありますが、使い方次第でどちらにも出来るという話を聞きました。

例えば、イングリッシュガーデンで使われている植物の多くは日本の植物だといいます!ヤツデやギボウシはイギリスやフランスでも、よく見られるらしいです。日本の植物をうまく組み合わせれば手間いらずでイングリッシュガーデンが作れるかもしれませんね。

我が家の場合、手入れが少なくてすむ庭にしたいと考えています。雑誌で毎日2時間かけて花がら摘みをする人の話を読んで、自分には絶対できないなぁと思ってしまいました。私みたいな怠け者には、一年草よりも宿根草や球根植物を中心に組み合わせた庭が良さそうです。

毎年、冬の間は、庭のデザインを変えてみたいと考えてはみるのですが、なかなか決められません。うかうかしていると、春の庭仕事が始まってしまいます。今年は、小規模に庭の一部だけを変えてみようかな、などと思ったりしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ