春の花、名前の読み方

「菫」「蒲公英」「 蓮華草」←なんと読むでしょうか?

おそらく、国語のテストでは出題されない問題なので、興味のある人しか分からないかもしれませんね。ガーデニングのメルマガに出ていました。10問中7問正解で合格ということで、私は、ぎりぎり合格ライン。

中学生のころ、植物名や国名などを漢字でどう書くのか、というのを見るのが好きでした。国語辞典に載っているのをパラパラと眺めては面白がっていたものです。「公孫樹」は読める人多い気がしますが、どうでしょう。「土筆」は漢字とイメージがピッタリ!読み方をみると、なるほど!と思います。

問題が出ていたメルマガは、「Flower&Green GARDENさかもと」という楽天市場に出店しているお店のなんですが、サイトも充実しているので、時々のぞいています。以前、NHK趣味の園芸のテキストでも紹介されていましたが人気のお店のようです。

まだ2月、もう2月、と思いながら、激しい気温の変化で体調を崩さないよう気をつけています。1週間前、まだ2月なのに積雪が10センチ以下になって、表通りは自転車に乗れるほどでした。それが、今週は毎日、雪・雪・雪。毎朝の雪片づけが日課となり、あっという間に冬に逆戻りです。暖冬少雪といわれた今年の冬ですが、まだ2月なのだから積雪ゼロは早すぎるということなんでしょう。

とはいえ、もう2月も下旬に入りました。花屋の店先には一面にプリムラの鉢植えが並んでいます。切り花も、桃の花やフリージア、スイセンなど春の花々が増えてきて、あれもこれも買って飾りたい!という誘惑に負けそうになってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ