ネコヤナギの育て方

ネコヤナギは、ヤナギ科の落葉低木で別名タニガワヤナギともいい、
日本・中国が原産地です。

川辺などに自生していて、高さは2~3mになります。

早春に花穂が楽しめるネコヤナギは穂が銀白色の毛で猫の尾のような形から名づけられました。雌雄異株で雄株と雌株があります。

nekoyanagi01

ネコヤナギは、日当たりが良くて湿った土壌の場所を好みます。土が乾燥しやすい場所は生育が良くなく適していません。

ネコヤナギは挿し木で増やせます。

切り花にも使われますが、花瓶に挿しておいたら、いつの間にか根が出てきた…ということも、よくありますね。

根が出てきたら、土に植えると簡単に根付きます。

丈夫で成長も早く、日本で自生しているくらいなので育てやすいといえるでしょう。

鉢植えにする場合は水切れに注意します。

ネコヤナギは結構大きくなります(2m以上)。

大きくなっても大丈夫なところに植えてあればよいのですが、移植する場合は落葉期に行います。

移植は比較的簡単です。

寒肥は12月~3月 追肥として7月に緩効性肥料を与えます。

剪定は花後~6月頃に行います。

夏には花芽ができているので、それ以降に剪定すると花芽ごと枝を落とすことになってしまうので気をつけましょう。

nekoyanagi02

隣家にネコヤナギが植えてあります。

ちょうど境界のあたりにあるのですが、特に剪定はしていないので、枝が伸び放題。ずいぶん大きくなるものだなぁと感心してみています。

nekoyanagi201304

おばあちゃんは、ネコヤナギを「べこ」といいますが、
方言なんでしょうね~。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ