バラの種類について

バラ種類は非常に多く、園芸種は常に数千種が流通しているそうですが、もとは自然の中で咲いている野性のバラ(原種ばら)。約150種類あるこの野生種のバラの中でわずか10数種類がガーデンローズの祖先なのだそうです。

バラは、系統・樹形・花の形など色々な分類のしかたができます。

系統で分類すると
「オールドローズ」「モダンローズ」「イングリッシュローズ」
という分け方をしたり

「ワイルドローズ(野生種)」「オールドローズ(19世紀人口交配以前)」「モダンローズ」
という分け方をすることもあります。

樹形では、大きく3系統に分類されます。

●ブッシュ系
株立ち性のハイブリットティーやフロリバンダ、ミニバラなど、四季咲きが多い。

●シュラブ系
半つる性のオールドローズやイングリッシュローズ、野生種やモダンローズの一部が含まれ、一季咲きが多い。

●クライマー系
ブッシュ系やシュラブ系ローズの枝がわりや交配種も多い。

花弁の数や花の形では、「剣弁高芯咲き」「半剣弁高芯咲き」「丸弁咲き」「盃状咲き」「一重咲き」「半八重咲き」などに分けられます。

バラを庭に植えるのか、鉢植えか、あるいは、垣根作りにするか、アーチやポールに仕立てるか、などによって選ぶバラの種類(品種)が違ってきます。

初めてバラを購入する場合は、どれを選んだらよいか迷ってしまいそうです。どんな風に植えて楽しみたいのか、ある程度決めてからお店にいくとよいかもしれません。園芸店で、初心者向きのおすすめのバラを尋ねてみるのもよいでしょう。

バラの苗をみると、「HT」や「FL」などの記号が書かれているラベルがついています。これは、バラの系統のことで、次のような意味だそうです。

ハイブリッド・ティー系(HT:Hybrid Tea)
フロリバンダ系(FL:Floribunda Rose)
ミニチュアローズ(MIN:Miniature Rose)
つるバラ(CL:Climbing Rose)
スプレイ系(Spray)

それぞれ、咲き方に特徴があり剪定作業の仕方も違います。剪定するときは、ラベルを確認しながら、そのバラの特徴を生かすようにします。

バラの苗が少ないうちはよいのですが、新たに買い込んでいるうちに系統が分からなくなってしまうことも…。そのため、苗のラベルは外さないで、結わえ付けておくとよいそうです。

関連記事
イングリッシュローズの育て方
バラの大苗・新苗について

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ