ユキヤナギ(雪柳)の育て方

yukiyanagi01
ユキヤナギはバラ科の落葉低木で中国・日本が原産地です。

春になると、枝に雪が積もったように小さな白い花をびっしりと咲かせます。生長が早く樹高は1~2mになります。

ユキヤナギという名前は、雪のように白く小さな花が咲く姿からつけられたそうです。その他に、コゴメバナ(小米花)、コゴメヤナギなどの別名があります。

ユキヤナギは、庭園や公園に植えられていることも多く、生け花にも使われます。

yukiyanagi02

ユキヤナギ(雪柳)の育て方

ユキヤナギは、非常に丈夫なので、ガーデニング初心者でも育てやすいと思います。

日当たりの良い場所で育てましょう。半日陰でも育ちますが花数は少し減ります。

特に土壌は選びませんが、水はけのよい肥沃な場所が適地です。乾燥には比較的強いです。

基本的に地植えで育てるので、真夏に極端に乾くときや植えつけ直後以外は水を与える必要はありません。

鉢植えにしている場合は、土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えます。

肥料は花後に緩効性のものを与えます。

病害虫はあまり心配いりません。たまに、うどんこ病が発生するくらいです。

耐寒温度は、-10℃前後と寒さに強く、霜に当たっても枯れることはありません。冬の間、特に、防寒対策をしなくても大丈夫でしょう。

挿し木で増やすことができます。2~3月がよいでしょう。株分けもこの頃と、10~11月頃にできます。

ユキヤナギ(雪柳)の剪定

ユキヤナギの剪定は、花の咲いた後に行ないます。

秋~冬に枝先を切ると花芽を切ることになってしまうため、花は咲きません。注意しましょう。

枝の伸びの勢いが強い植物なので、枝がたくさん出てきて、ごちゃごちゃした感じの株になってしまうこともあります。
3~4年に1回、元気な枝を残しての生育の弱い枝などを、風通しなども考えて根元から切り落とし枝の整理を行なうとよいでしょう。

大きくしたくない場合は、花後、根元まで切り詰めると、大きくなりすぎません。

生垣の場合は春~夏の間、2度程度刈り込みします。

【追記】
雑誌「ハルメク」2017年4月号で、樹木医の塚本こなみさんが剪定について書かれた文章を読んで考えさせられました。

「木自身は、誰も剪定してほしいとは思っていない」
「花をたくさん咲かせたいとか庭が狭いから大きくさせたくないとか、人間の都合で切らせてもらっているだけ」

木を大きくしたくないからという自分の都合で枝を切りすぎてしまうことが何度もあったので、読んでいてドキッとしました。もっと植物の気持ちに寄り添うことも大切ですね。

塚本さんによると、ユキヤナギの剪定は1~2月にかけて混み合った枝や古枝を間引く程度にするのがベストだとか。刈り込みは、できるだけ避けたほうがよいということです。

ネットで検索すれば簡単に情報が手に入る時代ですが、反面、間違った情報が流れていることも多いです。このブログでも間違った情報を紹介することがないよう気を付けていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ