マサキの育て方

masaki
マサキ(柾、正木)はニシキギ科の常緑低木、原産地は日本・朝鮮半島・中国です。

6~7月に緑白色の小さい花が咲き、12~1月に赤い実をつけます。樹高は2~5mになり、庭木や生け垣によく使われます。

マサキの品種には、葉の大きいオオバマサキ、葉の縁に黄色の斑が入るキフクリンマサキ(黄覆輪柾)、葉が金色に輝くオオゴンマサキ(黄金柾)などがあります。

マサキの育て方

植え付けの適期は3~4月と9~10月。有機質に富む水はけのよい土が適しています。日当たりの良い場所を好みますが、明るい日陰でも十分育ちます。

肥料は、冬に油粕と化成肥料を等分混ぜたものを、1株に2握りほど株元にばらまきます。

病害虫としては、若葉にうどんこ病が発生することがあります。

また、ユウマダラエダシャクやツノロウムシ、ハマキムシなどの害虫が発生することがあるので薬剤をまいて予防し、見つけ次第、駆除します。

増やし方は、挿し木と種まきができますが挿し木の方が簡単です。

適期は6月上旬~9月上旬で、その年に伸びた若い枝を使います。枝を15cmくらいの長さに切り、枝の下2/3の葉を落として土に挿します。

マサキは、刈り込みに強く時期さえ間違わなければ多少短く刈り込んでしまっても枯れることはほとんどありません。

生長が非常に早いので年に2回ほど刈り込みを行って樹形を整えます。

斑入りのマサキ

我が家の庭木で名前が分からない木があったのですが、雑誌で見つけて斑入りのマサキと判明しました。

名前が分からないと手入れの仕方も分からないからと放っておいたのですが、やっとこれで出来るようになりました。

今、樹高が2mほどですが、下枝がなく葉が上の方にばかり茂っています。枝がどんどん伸びるのですが、手が届かないので伸び放題です。

今回、いろいろ調べて分かったので、春になったら思い切って刈り込んでみようと思います。樹形を変えてみるのもいいかもしれませんね。

気になっていたのは、斑入りのはずなのに、時々、斑の入っていない緑葉の枝が出てくること。ですが、斑入りの品種でも、そういうことはあるそうなので気にすることはなさそうです。

ただ、そのままにしておくと、緑の部分が目立ってきてしまうので、斑の入っていない枝は早めに切り落としてしまってもかまわないとのこと。

春になったら、挿し木にチャレンジしてみたいですね。